術後患者さんのリハビリテーションを施行する際に、しばしば理学療法士との会話で交わされるのが「アンダーソン・土肥の基準」です。


「アンダーソン・土肥の基準」とは、運動療法におけるリスク管理のひとつの目安です。具体的な項目は下記のごとくです。



Ⅰ.運動を行わないほうがよい場合
  1. 安静時脈拍数 120/分以上 
  2. 拡張期血圧 120以上 
  3. 収縮期血圧 200以上 
  4. 労作性狭心症を現在有するもの 
  5. 新鮮心筋梗塞1ヶ月以内のもの 
  6. うっ血性心不全の所見の明らかなもの 
  7. 心房細動以外の著しい不整脈 
  8. 運動前すでに動悸、息切れのあるもの 


Ⅱ.途中で運動を中止する場合
  1. 運動中、中等度の呼吸困難、めまい、嘔気、狭心痛などが出現した場合 
  2. 運動中、脈拍が140/分を越えた場合 
  3. 運動中、1分間10個以上の期外収縮が出現するか、または頻脈性不整脈(心房細動、上室性または心室性頻脈など)あるいは徐脈が出現した場合 
  4. 運動中、収縮期血圧40mmHg以上または拡張期血圧20mmHg以上上昇した場合 


Ⅲ.次の場合は運動を一時中止し、回復を待って再開する
  1. 脈拍数が運動時の30%を超えた場合.ただし,2分間の安静で10%以下に戻らぬ場合は、以後の運動は中止するかまたは極めて軽労作のものにきりかえる 
  2. 脈拍数が120/分を越えた場合 
  3. 1分間に10回以下の期外収縮が出現した場合 
  4. 軽い動悸、息切れを訴えた場合 



理学療法士がリハビリテーションを施行する際には、上記の基準を順守します。しかし、超高齢者では、しばしばこの基準に引っかかってしまうことが問題になります。


特に、 Ⅰ-2、Ⅰ-3、Ⅱ-4が問題になるケースが多いです。数字化されているため、分かりやすいことも要因だと思います。


大腿骨近位部骨折の高齢者では、安静時からSBP>200mmHgやDBP>120mmHgの患者さんは珍しくありません。杓子定規にいくと、 Ⅰ-2やⅠ-3にすぐに引っかかってしまいます。


毎日「アンダーソンの基準に引っかかっていますがどうしたらいいでしょうか?」 という連絡が来ることもあります。しかし術後の不安定な時期に、無理矢理降圧するのは危険です。


動脈硬化が高度な高齢の術後患者さんに対して、アンダーソンの基準を順守するために降圧したところ、脳梗塞を併発してしまったでは目も当てられません。 


このあたりは理学療法士も理解しているので、一応主治医にお伺いをたてますが、慎重にリハビリテーションを行うというところで落ち着きます。


運動療法におけるリスク管理に、具体的な基準があるのは良いことです。しかし、数字だけが独り歩きする傾向があることには、注意が必要だと感じました。 






★★ 管理人お勧めの医学書 ★★
  


オーストラリア理学療法協会のスポーツ理学療法士による実践的な教科書です。
治療的テーピングの概要を学ぶことができます。