先日、リクルートドクターズキャリアをぱらぱら見ていると、興味深いグラフを拝見しました。DATAでみる「私たちの決断」という特集記事の医局を退局した年齢のグラフです。



555 - コピー



調査対象は161名で、そのうち退局経験者は106名です。退局者の占める割合は全体の66%です。退局者のうち76%は30歳台までに退局しているようです。


リクルートの顧客というバイアスがかかっているものの、卒後10年以内に半分程度の医師が医局を退局しているようです。結構早いなという印象です。


一方、このグラフを見て感じたのは、40歳台以上になると新規で退局する人の比率が劇的に下がる点です。40歳台になると退局するのは難しくなるのでしょうか?


今までは、30歳台後半から40歳台前半になって子供の教育費がかかり始める時期に、医局人事を離れて条件の良い医療機関を探すイメージでした。


ところが今回のデータからは、もう少し早い段階で能動的に医局を離れて自分の道を切り開いていく医師の方が多いことが窺えました。


私は、まだ医局に在籍しています。そしてよく考えてみると、確かに
半分ぐらいの同級生は早々に退局して開業するか、自分で見つけた病院に就職したことを思い出しました。


皆、医師人生の早い段階で独立独歩を志向しているようです。一方、私は、アーリーリタイアしないのであれば、母校の医局で残りのキャリアを過ごすような気がします。。。







★★ 『 整形外科の歩き方 』でお宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★