先日から、夏季休暇でシェムリアップに滞在しています。
シェムリアップはカンボジアにあり、アンコールワットの拠点都市として有名です。


カンボジアは、東南アジアの中では経済発展の目覚ましい国として、ミャンマーと並んで注目されています。首都プノンペンは特に開発ラッシュで沸いています。


一方、今回滞在しているシェムリアップはカンボジアの古都で、日本で言うと京都や奈良のような存在の街です。私は、1カ所に長期間滞在するスタイルの旅行が好きです。


ここ数年は、ロンボク島サムイ島ハワイ、バリ島、ニャチャン(ベトナム)、セブ島に1~2週間滞在していました。しかし、今回はトンレサップ湖が近くにあるものの内陸の街です。



何故、宗旨替えしたかと言うと、ビーチサイドに滞在しても実際にはビーチに行く機会はあまり無くて、ほとんどをホテル内でダラダラ過ごしていることに気付いたからです。


そうであれば、わざわざビーチサイドでなくても、世界的な遺跡が近くにあった方が楽しめて良いのではないのか? と思うようになったからです。



滞在する目的はダラダラ過ごすことなので、今回はパークハイアットに宿泊することにしました。パークハイアットは市街地中心部の立地なので、毎晩歩いて遊びに行けます。



24 - コピー



今回の滞在は、昼間はホテルのプールサイドでダラダラ過ごし、その生活に飽きたら近くのアンコール遺跡群へ観光に行くというスタイルです。


スタートアップを抱えているので、リモートワークが機能するかの実証実験でもあります。不動産と旅館業は既にリモートワーク対応ですが、ビジネスでもOKなことが確認できました。


もちろん、営業は地上戦(対面営業)が必須なのでリモートワーク不可能ですが、現状維持だけであればカンボジアに居ても全然困りません。


ノマドワーカー的な生活も充分可能であることが実証できたのですが、ダラダラした生活のありがたさを享受すると、医師としてのハードワークに復帰できないかもしれません(笑)







★★ 『 整形外科の歩き方 』でお宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★