2017年8月3日号のMedical Tribuneで興味深い記事がありました。武蔵国分寺公園クリニックの名越直樹院長による "死なない医療"から"死を前提とした医療"へ です。




未解決の背景
"健康欲望"が高齢者の医療を歪め、人生を歪める



健康で長生きすれば幸せになれるというような考えが、世の中の王道にある。確かに医学の進歩は目覚ましい。医療により、幸せを得たり、取り戻したりする人も多い。  しかし、少し考えてみれば分かることだが、不健康で幸せの人もいるし、健康で不幸せの人もいる。具体例を挙げることはいくらだってできる。私自身、週に2日は訪問診療を行う臨床医であるが、訪問する患者の大部分は、健康を目指したり、長生きを目指したりすれば、むしろ不幸になる人たちばかりだ。死の直前まで抗がん薬の治療を受け、残された時間の大部分を民間療法につぎ込んで、気が付いたら寝たきりというような人も少なくない。逆に健康をあきらめ、その場その場のできることで、案外幸せに生きている人もいる。
 そんな極端な例でなくても、高齢の患者からの「何を食べたらいいんでしょうか」というような質問は日常的にある。それにうかつに「なんでもいいんですよ。好きなものを食べればいいじゃないですか」などと言うと、この先生は何も相談に乗ってくれない、なんて思われたりする。高齢であっても、健康第一、長生き第一が浸透しているからだ。
 高齢者とはいえ、血圧やコレステロールの薬を飲み、糖尿病をコントロールすれば恩恵にあずかることはできる。ただその恩恵は、多くの人が期待するほどのものではないことが多数の研究で示されている。高齢者が降圧薬やコレステロールの薬を飲んでも、心筋梗塞や脳卒中を多少先延ばしにできるくらいで、寿命が延びるかというと実はそうでもない。まして幸せになれるかというと、医療費を使い、副作用の危険がある分、不幸かもしれない。糖尿病に至っては、厳しく治療するとかえって早死にするというデータすらある。




解決の方向性
"死なない医療"から"死ぬ医療"へどこでシフトするか



 そこで、私はこんなふうに問いかけたいのである。何か食べたいというような欲望と、血圧を下げたいとか血糖を下げたいという欲望のどちらを優先させるかは、朝ご飯をパンにするかご飯にするか、晩ご飯を牛肉にするかチキンにするかと同様のことではないのですか?と。
 そこでの判断は、"死なない"ことを前提とすれば、健康欲望を優先させる方になるだろう。"死ぬ"ことを前提とすれば、うまいものを食べた方がいいという人が多いに違いない。そう考えれば、これはそれほど難しい選択ではなくなる。今日の朝はパンにしよう、という程度のことにすぎない。  
 しかし、"死なない"と"死ぬ"の境目は案外曖昧である。どんなに年を取ろうとも、末期のがんと宣告されようとも、死にたくないし、"死なない"よう頑張るという方向はごく自然のものだ。"死なない"を前提とした生き方である。だからといって、どこまでも"死なない"ように頑張るのも無理がある。どこかで"死ぬ"を前提にした方がいい時が来る。そこの折り合いを上手に付けるのは簡単なことではない。医療の進歩こそが、その折り合いを困難にしているのだ。




私の解決法
"健康や長生きだけが幸せではない"という価値観を!


 だから、私のお勧めはこうだ。そんなの適当に決めればいいじゃないですか。そろそろ"死ぬ"を前提とした方がいいな、なんて雰囲気で決めればいいのだ。ただ、その雰囲気こそが、"死なない"を前提とした世の中とシンクロして、雰囲気で決めるからこそ"死なない"を前提にしてしまうことになる。がしかし、もう時代は、雰囲気は、変わりつつある。こんな原稿を書けと、私に依頼があるくらいの世の中になっている。   そう書いていたら、ちょうど、小林麻央さん死亡のニュースが流れてきた。健康や長生きを目指さなくても、なんと素晴らしい人生がありうることか、私はこのニュースから、そんなメッセージを得たような気がする。健康でありたい、長生きしたいと願いつつも、それがかなわない中で、ブログという形で世へ発信し続けた生き方は、まさに健康第一、長生きだけが幸せでないことを明確に示しているのではないだろうか。
 時代は、"死なない"から"死ぬ"を前提とした世の中へ回帰しつつある。それは医療の問題ではない。日々の生活そのものの問題なのだ。。 







なかなか興味深い視点です。長年たくさんの患者さんの生死を見届けてきたからこその意見なのかもしれません。


まず、不健康で幸せな人もいるし、健康で不幸せな人もいるとの指摘にハッとさせられました。確かに最期までストイックに生きても人生楽しくなさそうです。


そして、高血圧症、高脂血症、糖尿病の治療をしたからと言って寿命が延びるかというと、現実にはそれほど長寿化するわけではないということにも驚きました。


このような現実を知っている名越先生が「なんでも好きなものを食べればいいじゃないですか!」と患者さんにおっしゃられるのも得心します。


最後に、健康や長生きだけが幸せではないという価値観を提唱されています。ストイック過ぎる長い人生を過ごすよりは、多少ハメを外してやや短い人生を謳歌する方がいいかもしれません。


実は、私も名越先生の考え方に似ています。まぁ、ある程度の仕事をやりきったので、残りは飲んで騒いで楽しい人生を謳歌しよう! という浅はかな考え方ではありますが(笑)





★★ 『 整形外科の歩き方 』でお宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★