先日、高齢者の大腿骨骨幹部骨折を診ました。骨折型は長斜骨折でかなり不安定性そうです。直達牽引するべきか否かを悩みましたが、介達牽引でお茶を濁すことにしました。


大腿骨骨幹部骨折の治療は、髄内釘が第一選択になります。このため、大腿骨顆部で直達牽引を施行すると、感染リスクが上昇します。


一方、脛骨近位から直達牽引すると膝関節の靭帯を介した牽引となるため、充分な牽引力を獲得することは難しいです。そうであれば、介達牽引でも大差は無いという判断でした。


今回の件は介達牽引で一件落着しましたが、そもそも論として最近では、下肢骨折に対して直達牽引を施行することが極端に少なくなりました。


その理由として、手術までの待機期間が短くなったことが原因だと自己分析しています。私の場合、高齢者の大腿骨近位部骨折では当日~2日以内の手術施行が大半を占めます。


そうであれば、術前の短い期間だけのために、苦痛を伴う直達牽引をわざわざ施行する必要性は高くないという判断になります。



私の周囲(大学医局を超えた複数の医療機関)でも、直達牽引の頻度は激減しているとのことでした。やはり考えることは皆同じですね。






★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★


整形外科医なら誰もが所有している骨折治療のバイブルです。豊富な図や画像が提示されており、骨折手術におけるAOの考え方や基本原則を学べます。