先日、人工股関節全置換術(THA)を施行しました。その後、出張できている医師と雑談していた際に、THAと人工骨頭置換術はどちらが難しいか? という話題になりました。


普通に考えればTHAの方が難しいのですが、私は人工骨頭置換術の方が難しい症例が多いと感じています。いわゆる「苦手意識」です。その理由は下記のごとくです。

  1.  骨脆弱性が強い
  2.  高度の認知症合併例が多い
  3.  全身状態の悪い症例が多い


場末病院ということもありますが、とにかく条件の悪い患者さんが多いです。術中もラスピングや整復操作時に医原性骨折を併発しないかいつも冷や冷やしています。


このため、心筋梗塞や狭心症の既往歴のある症例を除いて、少しでも骨質に疑問を抱けば、すぐにセメントステムを選択します。


また、肺炎を併発していない症例の方が少ないぐらいので、いつも手術タイミングを必死で考えています。


更に、高度な認知症の患者さんが多いため、術後は不良肢位をとる・転倒することを前提に手術を施行しています。あ~、それに比べるとTHAのナント楽なことか!


THAでは骨質の心配をすることはさほどないため、脱臼・ラスピング・整復操作で冷や汗をかくことはありません。基本的に元気な方なので、全身状態を気にすることもありません。


私があまりに心配性なのかもしれませんが、とにかく人工骨頭置換術はストレスが多くて未だに好きになれない手術です。


むしろ、経験を重ねるごとに苦手意識が増幅されているような・・・。う~ん、我ながら少し病的なのかもしれません。







★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
初学者がTHAの治療体系を俯瞰するにあたり、最もお勧めの書籍です