5年前に販売開始した 勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル の2018年改訂版が完成しました。


今回の改訂では下記を追記しました。
  1.  海外銀行口座におけるCRSの影響
  2.  スモールビジネスではチャットツールのSlackの紹介


昨日、過去にご購入いただいた先生方にメールで配信しました。 数百名の先生方に一斉配信しましたが、3名ほどの方に届いていないようです。


お手元に届いていない先生方は、私宛にメールもしくは当ブログへメッセージを送っていただければ幸いです。


年に1回のペースで資産形成マニュアルの改訂を続けていきたいと思います。ご購入いただいた先生方には無料でアップデートいたしますので、今後とも宜しくお願い申し上げます。


------------------------------------------------


さて、今年も早1週間過ぎました。
昨年12月から、所有・運営しているBARスペースが忙しくなってきました。


12月は忘年会やクリスマスパーティーで需要が非常に増える時期です。一昨年は開業したてで認知度が低かったため自分達で楽しんでいましたが、今年はそういう訳にはいきません。


特に12月末は連日利用があって、スタッフがてんてこ舞いでした。もともと週1回程度の利用だったので、まったりと運営していたのですが、12月に入って状況が一変しました。


とくにクリパ+忘年会需要の高い12月後半は厳しかったです・・・。スタッフ3名体制ですが、連日なので全然回りません。問題点が山積しています。


酔客相手のビジネスなので、対応が難しいということもあります。私までゴミ回収にあたる機会が増えました。何とかしてこの苦境を脱却しなければなりません。


オペレーションの問題点の多くは、「ヒト」関係で発生します。今回のケースではBARスペースという業態なので、アウトが深夜になる点です。


深夜なので女性スタッフを派遣することができないので、これを何とかクリアする方法はないのか? フリーチェックアウトも試していましたが、客任せでは酷い状況が続きました。


何とかうまい解決法はないのか? このような行き詰った状況では、少しナナメから物事を見るとうまくいく事があります。


私は、ビジネスを立ち上げる際には、隣接領域に進出することを心掛けています。全く初めての領域ではノウハウが使えないため成功率が低いからです。


今回は、旅館業でのノウハウが使えないかを検討してみました。この業界では、Skypeにつながる端末を施設内に置いておき、何かあればスタッフが遠隔で対応する手法があります。


人件費削減の手段として比較的ポピュラーですが、この手法が今回の問題点を解決する突破口にならないのか? 理論上はそれなりに対応可能そうです。


そうであれば実戦で試してみるだけです。このように「問題を解決する能力」は、雇われているだけの立場ではなかなか鍛えることができません。


結果責任を100%自分で負うことでしか養われないのです。今回はLINE@を用いてチェックアウト業務を遠隔化できないか実験してみました。


まだ導入して半月ほどですが、そこそこ回ることが確認できました。このようなシステムの根本的な変革は、現場任せでは不可能です。現場にはそこまでの権限と責任感が無いからです。


やはり、何としても解決する!という強い信念で、オーナーがアタマに汗をかいて解決策を模索する必要があります。これはビジネス全般、および不動産投資で言えることです。


アタマに汗をかかない人が成功することは無いと断言できます。このあたりは医療とは少し感覚が違いますが、最終責任を自分で負っているという点は同じです。


ビジネスは生半可なモノではなく、なかなか厳しい点が多いですが、チャンスがあれば飛び込んでみることをお勧めします。







★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします