先日、母校の会報をパラパラ読んでいると、思わず目を留めた寄稿文がありました。某大学の外科系名誉教授による「手術の心得12箇条」
です。


  1.  手術は前日から始まる一前日には過度の運動や飲酒は慎むべし
  2.  手術は実践であり練習でない ~ 実践の前に練習やイメージトレーニングを
  3.  両手を使え一片手しか使わない者は上達しない
  4.  分担を知り同じことをするな一出血を拭いた後に同じところを拭くな
  5.  一手先を読め ~ 手術書を眼光紙背に徹するぐらい読み、一手先を知れ
  6.  手術はリズムである一万事心得た助手、看護師がついてくれると手を出せば欲しい 器具がポンポン出てきて、リズムよくしかも早く成功裡に終わる
  7.  早くなければ手術でなく手技である ~ 1秒でも無駄にせず早く、出血少なく終わり好結果が達成されてこそ「術」である
  8.  手術が出来るのと治せるのとは違う ~ 悪性腫瘍がそれであり、再発はダメ
  9.  わからない時は何もするな ~ 勇気がいるが現状より悪くしてはならない
  10.  進めぬ時は勇気ある退却 ~ 血管等が立ちはだかってどうしようもない時は退却
  11.  コッヘルの音で技量がわかる ~ 「パチパチ」という音で経験年数がわかる
  12.  糸結びや鉗子さばきで技量がわかる ~ 早くて正確なら術後も好結果



この先生は同門ではあるものの、科が違うことと他大学の元教授なので全く存じ上げませんでした。しかし、内容的には目をひくものがあります。


年代や科がちがうので全てを首肯するわけではないですが、⑪以外は仰せの通りだと思いました。やはり、教授になるだけの方は言うことが違いますね。


上記の12箇条を胸に、
明日からの手術は初心に帰って施行したいと思います。








★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
初学者が整形外科の外来や救急業務を遂行するにあたり、最もお勧めの書籍です