先日、オンラインサロンで「節約名人決定戦」というテーマのスレッドが立ちました。誰もが一家言持っている話題で、非常に盛り上がりました。


スレッド主は、整形外科医のための英語ペラペラ道場のブログ主先生です。う~ん、その感性は天才的だと感じました。


さて、私もスレッドの盛上りに参加しようとしましたが、結局傍観していました。その理由は「金銭的な節約よりも「時間的な節約にシフトしていることに気付いたからです。


最近の私は、時短グッズにはまっています。一例を挙げると下記のごとくです。

  1.  会計ソフトfreeeを導入
  2.  書籍ダイジェストサービスSERENDIPを購入
  3.  Google Spreadsheetsを多用
  4.  マネーフォワード導入




① 会計ソフトfreeeを導入


言わずと知れた自動仕分機能を利用するための弥生会計からの乗り換えです。私の場合、3法人+個人事業主の4アカウントでfreeeを導入しています。


いずれも第1期を乗り切りましたが、経理の手間は激減しました。導入期だったので顧問税理士の先生には多大な負担をかけてしまいましたが、今期からは楽になります。


スムーズに自動仕分するために、クレジットカードを廃してデビットカードに移行しました。クレジットカードのポイントよりも、自分の時給の方が圧倒的に高いからです。




② 書籍ダイジェストサービスSERENDIPを購入


こちらは、本を読むヒマの無い人には痒いところに手の届くサービスです。いわゆる書籍のレビューサービスなのですが、有料だけあって非常に良くまとまったレビューです。


私は読書を情報収集する手段と見なしているので、要点を簡潔に教えてくれるSERENDIPのサービスに満足しています。


ベストセラーを中心に1冊1分ほどレビューを読めるので、圧倒的な速さで情報を収集できます。本屋で速読しても10~20分かかりますので、大幅な時短となります。


難点は、原著を読むのと違って頭に記憶として残りにくいことです。どうしても記憶にひかかりません。あと読書の楽しみは無いですね(笑)。実用書に有益なサービスと言えます。




③ Google Spreadsheetsを多用


こちらはデータをバックアップする手間を省くためです。もちろん、Googleを100%信用しているわけではないので、1ヵ月に1度はハードディスクにバックアップします。




④ マネーフォワード導入


全体のポートフォリオを自動で俯瞰するために有料のプレミアムサービスを導入しました。私の場合、証券会社や銀行が20以上あるので、非常に重宝しています。


月額500円で20~30の銀行や証券会社にログインする手間を省けるので、もうマネーフォワードのサービスを手放すことはできません(笑)






ここまで私が取り組んでいる「時間の節約」の一部をご紹介しました。その他にも、リモートワークの構築、優秀なスタッフの育成、自転車通勤等さまざまな取り組みをしています。


金銭的節約の精神はマストですが、それと同時に「時間の節約」も忘れてはいけないと思います。金銭と時間の節約のバランスを上手く取るのは、なかなか難しいのですが・・・





★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします