リウマチNEWS LETTER 57に興味深い寄稿がありました。
島根大学内科学第三・准教授の村川洋子先生による「嗜好品や食品と関節リウマチ」です。


歯周病や喫煙によって抗シトルリン化ペプチド抗体 (ACPA)が発病に先行して誘導され、関節リウマチ発病に関与することはよく知られています。


一方、歯周病や喫煙以外の嗜好品や食品によるRA発病や活動性に関するリスクも、デンマークやスウェーデンのコホートで研究されています。




コーヒー

ある前向き研究で4カップ/日以上のデカフェコーヒーの飲用がリスクを上げました。5つの研究のmeta-analysisでもコーヒー摂取が抗体陽性RAの発病と相関がありました。


コーヒー摂取と無関係との報告もありますが、総じてコーヒーの多飲はRA発病リスクとなる可能性があり、家族歴/遺伝素因のある人で注意する必要があるとのことです。




紅 茶

紅茶に関しては、無関係・促進・抑制とのさまざまな報告があり一定していません。




飲 酒

飲酒に関してはACPA陽性RAの発病を抑制することが示された。アルコール 45g/週以上の摂取で、女性のRA発病を半減させ、摂取量に比例して発病のリスクを低下させています。


しかし、患者に対してはMTXをはじめとする疾患修飾性抗リウマチ薬との相互作用や肝毒性を考慮して、各国の機関ではアルコール制限を推奨しています。


例えば、英国ではアルコール週3単位(24g: ビールなら600ml/週)以内なので、飲酒習慣のある患者には辛い制限です。 のんべえの英国人には信じられない摂生ですね(笑)




魚 油

デンマークの前向き研究では、fish oilの多い魚の30g/日以上の摂取が、RA発症のリスクを49%低下させたそうです。


fish oilはオメガ-3脂肪酸が多く含まれますが、この摂取がRA症状を軽減、心血管障害を抑制したという報告もあります。やはり青魚は健康に良いようです。







★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
初学者が関節リウマチの治療体系を俯瞰するにあたり、最もお勧めの書籍です