先日、肋骨骨折の若年女性を診察しました。この患者さんは、私の立ち上げたスタートアップのひとつで働いてくれているスタッフのひとりです。


スタッフは20名近くおり、普段はFacebookのグループ内でやりとりしています。しかし、珍しくメッセンジャーで「咳をしてから右側胸部が痛いんです」と連絡がありました。


「そりゃ肋骨骨折だわ
」と返事していたら、成り行き上、病院にきてもらってバストバンドを処方することになりました。


診察室でひととおりの問診・診察の後、バストバンドを処方する段階にきました。看護師さんが「先生、サイズどうしましょう?」と言うので、「M」と言いかけてハッとしました。


どうみても見た目のサイズ M っぽいのですが、M で小さかったらちょっとややこしいことになるかも・・・。


数秒の沈思のあと、おもむろに「サイズ Lでお願いします」と言いました。さすがに LL はやり過ぎかなと(笑)。


すると、意外なことにサイズ L でぴったりだったのです! あ~良かった、サイズ M と言わないで。気まずくなると、事業に悪影響があるかもしれませんから。。。





本日の教訓

どんなにサイズ M っぽくても、若年女性の場合はサイズ L でトライする方が良い






★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★


豊富な図や画像が提示されているため、ほとんどの骨折や脱臼に対応することが可能です