バブル崩壊を体感することは非常に貴重な経験です。
バブルは世界中のさまざまなところで時々自然発生します。


しかし、大規模なバブルはめったに発生しないため、実際に自分自身がそのバブルを体感したのであれば、非常に貴重な経験をしたと言うことができます。


私は1999年から投資を開始しているので、理論上はITバブルも経験しているはずです。しかし、当時は何がなんだか分からなかったので、実際に経験したバブルは3つだけです。


  • 2007年の不動産ミニバブル
  • 2008年の資源株バブル
  • 2017年の仮想通貨バブル



2017年の仮想通貨がバブルなのか否かは議論のあるところです(最近騰がっています)。しかし、バブルであったなら貴重な経験なので忘れないように備忘録にしたいと思います。




バブルの魔力


仮想通貨というテーマ自体も何だかよく分からなくて良さげに見えますが、最も魅力的だったのは、実際に知っている周囲の人たちがものすごく儲けているのを見たことでした。


ほんの数カ月で数百万~数千万円の利益を出したことは驚きですが、それがひとりではなく大勢であったことが衝撃的でした。


何故あの時に仮想通貨を買わなかったのだろう。。。超長期逆張り投資家を自任している私ですが、正直に言うと、参戦しなかったことを後悔しました。2017年12月のことです。


そのタイミングで買っていたら、仮想通貨バブルの犠牲者になっていました。全く投資戦略が異なるにも関わらず、かなり心を乱されました。バブルの魔力恐るべしです。。。


この感覚は文章にしてもイマイチ伝わらない類のモノです。とにかく「すごい焦燥感に駆られ、傍観し続けることが非常に難しかった」と記しておこうと思います。




バブルを判断する客観的材料


「これはバブルに違いないと思ったのは、1月時点で小学生までもが仮想通貨やビットコインを知っていたことです。FXや株式も知らない子供がビットコインを知っている。。。


これを見て、1920年台の世界恐慌直前に大量の株式を売り払って難を逃れたJFKの父親のジョセフ・ケネディーの逸話を思い出しました。


この話はバブルと株式の話でよく出てきます。ケネディーは靴磨きの少年まで株式を買うのを知ってバブル崩壊を察知し、株式を全て売り払って大暴落を避けることができました。


つまり、仮想通貨と全く縁の無いはずの小学生までビットコインの話題をするようになったら、バブルの崩壊は近いという理屈です。


今回は本当にそのような経過をたどりそうなので、この逸話の価値はホンモノである可能性が高いと感じています。




バブルが弾けてもすぐには分からない


バブルが崩壊する時には、2008年9月のリーマンショックのような一直線の暴落を想像しがちですが、実際には変動率が高くなって市場が不安定になることの方が多いようです。


2018年4月時点で、仮想通貨バブルが本当に崩壊したのか否かは分かりませんが、少なくとも2018年1月時点ではバブル崩壊を確信できませんでした。


この時点で仮想通貨市場に参戦していたら、2017年12月同様に犠牲者になっていたでしょう。しかし1月時点では、参戦していない焦燥感は相当なモノでした。


この焦燥感が一段落したのは2月になってからです。ここまでくると誰の目にも仮想通貨が大きな調整局面を迎えていることが分かります。




まとめ


さほど多くのことを学んだわけではないのですが、そうそうバブルの中に身を置く機会はないので、非常に貴重な経験をしたと思っています。


私は、バブルに乗ってジェットコースターを味わうことを否定しているわけではありません。当然そのような選択枝もアリだと思っています。


ただし、バブルを一度でも経験しているか否かで、地獄までジェットコースターに乗り続けるのか、途中で飛び降りるのかを判断できる可能性があります。


人生の全てをバブルで失ってしまうのは悲しいことです。残念ながら日本にも、バブルの負債を抱えて人生を苦労している人が大勢います。


そのような目に自分が合わないためにも、バブルで体験したことは死ぬまで覚えておくことが必要ではないでしょうか。


ちなみに、私は日本の不動産の動向を注視していますが、欲しい衝動を抑え続けています。仮想通貨での経験からは、まだもう少し買えるにようなるまで時間がかかりそうです。






★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします