日整会誌92:386-402 2018 に、興味深い教育研修講座が載っていました。佐賀整肢学園こども発達医療センターの藤井敏男先生による小児の診察のキーポイントです。


幼児は診察を怖がるので、泣かせないよう工夫する必要があります。東大小児診療班では「子供を泣かせては良い診察はできない」という言い伝えがあるそうです。


診察室で小児を泣かせない工夫として、下記のようなことを例に挙げられています。

  • 先手必勝で診察室に入ってきたときに「○○ちゃん、こんにちは」 と声をかけて玩具を差し出すと、こどもが玩具に注目して緊張がとける

  • そのとき、小児の玩具に対する四肢の動き、反応、表情の変化を見るとともに、基礎疾患や運動発達遅延などの有無を探る

  • 白衣のポケット 中に入るサイズの音が出る玩具が便利で、動く自動車は男児に人気がある

  • 玩具がないときは小児の目の前で指をパチンとスナップさせるとよい

  • こどもが緊張しないように幼児は診察台に寝かさず、親が抱いたままで触診するのもよい



次に視診のポイントですが、視診は入室時から始めます。下肢疾患では親がこどもの手を引いて歩いて入室するよう看護師に指示して、問診より先に視診を行います。


そのとき、ズボンと靴下を脱いで膝と足がよく見えるように依頼します。局所だけでなく 全身もさっと観察して基礎疾患の有無を観察します。


幼児は単純に「歩いて」と指示しても歩かないので、親の協力を得て玩具で誘います。それでも診察室内を歩かないときは、廊下へ連れ出して歩かせることも有効です。


上肢の自動運動・関節可動域は、玩具をこどもに渡して上肢の動きを見ます。こどもは指示するだけでは四肢を動かさないので、極力遊びの要素を加えるとよいでしょう。


触診のキーポイントは、健常部を先に診て疼痛部を最後にみることです。また、局所に腫脹, 運動痛、圧痛、熱感がある場合には、こどもの顔を見ながら触診します。


上記のような遊びを取り入れて、スムーズに診療情報を集めることが小児診察のコツのようです。くれぐれも患児を泣かさないように注意しましょう!






★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
初学者が整形外科の外来や救急業務を遂行するにあたり、最もお勧めの書籍です