先日、同期と雑談している際に、おもしろい話を聞きました。
家族から医師として全く信用されていない。。。とのことでした(笑)


コイツは、客観的にみて非常に臨床能力の高い医師です。医師としての実力を知っているだけに、なぜ家族(特に奥さん)から信用されないのか分かりませんでした。


いろいろ話をしていると、家族がケガをしたときに「大丈夫、心配ない」と言う割には、痛みがなかなか完全に治らないことが多いことが、原因となっていることが分かりました。


ケガといっても、軽く足関節を捻転したとか足部を打撲したという程度の軽微な外傷です。少なくとも外固定が必要なほどのケガではありません。


普段外来をしている私たち臨床医の感覚では取るに足りない外傷なのですが、当人にとっては当然「痛み」があります。


そして、1ヵ月ぐらいしても患部がときどき痛むと、「なんでも大丈夫というヤブ医者」というレッテルを家族に貼られるようです。。。


この話を聞いて、医師が家族にヤブ医者扱いされるのは、患者さんはよほど痛くないと受診しないことへの理解が足りないからではないのか? と思いました。


普段診ている患者さんは、比較的「重症」な人が多いです。足関節外側靭帯損傷や手指捻挫でもパンパンに腫れていることが少なくありません。


逆に客観的にみて身体所見がほとんどないような患者さんが受診すると「大袈裟な・・・」と思いがちです。しかし、よく考えると世の中の外傷の大多数は、軽症例なのです。


そのような医療機関を受診するまでもない圧倒的大多数を占めるであろう軽症例の診察経験が、実は私たちには不足しているのではないのか? という疑念が湧き起こりました。


実際のところ、どうなのでしょうね???







★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
初学者が整形外科の外来や救急業務を遂行するにあたり、最もお勧めの書籍です