以前、肋骨骨折の若年女性のバストバンドはサイズ L で!というブログを書きました。それ以来、忠実に実行しているのですが、先日興味深い事件に遭遇しました。


外来看護師さんの知り合いの若年女性が肋骨骨折で受診して、バストバンドを処方することになりました。


例によってサイズLで始めようとしたところ、勝手にサイズSから始めようとするではありませんか! 
私には怖くてできないことですが、漫才口調でSから始めようとします(笑)



下手に口を挟むとヤブヘビになりそうだったので、私は知らんふりして電子カルテに診察内容を入力していました。


すると、サイズSでは小さかったようですが、看護師さんのコメントに驚きました。成人女性でサイズSを装着できる人はほとんどいないんじゃない? とおっしゃります。


この日にサイズSを試した感じでは、中・小学生ぐらいしかサイズSは無理らしいのです。ふ~ん、そうなんだ。それなら、尚更サイズLで始めた方が良さそうです。


下手にサイズSで始めると、患者さんの逆鱗に触れそうですね。それにしても、小・中学生で肋骨骨折ってほとんど見たことないな・・・








★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★


豊富な図や画像が提示されているため、ほとんどの骨折や脱臼に対応することが可能です