日経新聞(日経メディカル)に興味深い記事がありました。
麻酔科専門医の要件「単一施設に週3日以上勤務」へ です。




日本麻酔科学会は、2019年度から開始する麻酔科専門医の更新について、要件に「申請時点で単一の医育機関病院や病院施設に週3日以上勤務し、麻酔科関連業務に専従していること」という項目を追加した。7月10日付けで「専門医機構認定 麻酔科専門医更新要件追加 単一施設週3日勤務について」という通知を学会員向けに出した。


 要件となる「麻酔科関連業務」とは、(1)周術期における麻酔管理、(2)疼痛管理、(3)集中治療部、救急施設などにおける重症患者の管理――に関する臨床または研究のこと。勤務する施設の規模は問わず、診療所での勤務も認める。また、条件を満たさない医師を考慮し、21年まで移行措置を設ける。


 日経メディカルの取材に対し、理事長の稲田英一氏は「質の高いチーム医療を行うためには、多診療領域医師や他職種との良好なコミュニケーションは必須。専門医には、高度な医療を行うだけでなく、後進を教育するという役割もある。そのためには単一施設において、密度の高い勤務を行う必要がある」と要件を追加した狙いについて回答した。なお、日本麻酔科学会は追加要件に関するQ&A集を近日中に示す方針だ。





2018年度診療報酬改定で、麻酔科診療においては常勤医による管理を評価することで、フリーランス麻酔科医師の増加に歯止めをかける改定がなされました。


そして今回の日本麻酔科学会の麻酔科専門医の更新要件追加は、露骨に国の施策を後押しする形となりました。移行期間があるとはいうものの、事実上のフリーランス医師潰しです。


フリーランス医師の人件費負担が重くなっていることが、今回の麻酔科専門医の更新要件追加につながったのでしょう。


このことについて、あまりとやかく言う立場ではないですが、露骨なフリーランス医師潰しは、見ていてあまり気持ちの良いものではありません。


もちろん、外科医の立場では、フリーランス医師よりも常勤医師に麻酔をかけてもらう方が、術前・術後をしっかり診てもらえるという安心感はあります。


だからと言って、フリーランス医師の働き方を全否定する取り決めを日本麻酔科学会の上層部だけの判断で決めてしまうのはいかがなものか、と思ってしまうのは私だけでしょうか?






★★ 『 整形外科の歩き方 』でお宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★