先日、オンラインサロン内で非常に興味深い話題がありました。時間をどうやって捻出するのかというテーマだったのですが、ある先生がおっしゃられた考え方が非常に秀逸でした。


その先生は、勤務医としての成績を上げるために、透析患者さんを増やしたそうです。なぜ、透析患者さんなのか?


透析患者さんは下記の2点の特徴があるためだそうです。
  1.  ストック収入
  2.  レバレッジが効く




① ストック収入


透析患者さんは生存するために透析を続ける必要があるので、確実に医業収入が見込めます。これはビジネスでいうストック型収入(定期的にお金が入るビジネスモデル)です。


透析患者さんは、ひとりあたり年間500万円の医療費がかかります。このようにほぼ確実な収入が見込めるため、目端の利く医師は透析医療に参入することになります。



② レバレッジが効く


最初、何を言っているのか分かりませんでした。この先生がおっしゃられるには、レバレッジが効くというのは、コメディカルがメインとなって医業収入を稼ぐことです。


透析患者さんの人数が増えるとコメディカルの業務が増えますが、医師の業務はさほど増加しません。透析以外の例として、眼科・リハビリテーション科・入院診療などがあります。


つまり、医業収入を100万円稼ぐために必要な医師の労働量は、下記のようになります。コメディカルの業務を自らの医業収入に取り込むことを意識することがポイントです。



透析・リハビリテーション・入院患者を増やす > 手術を行う > 外来患者さんを増やす



この戦略の問題点は、レバレッジが効く業務は中抜きされたり、いつかは消える可能性もあることです。極論すると、そこに医師が介在する必要は無いので・・・


しかし、現状では馬車馬のように何も考えずに目の前の業務をこなしていくよりも、ストック収入とレバレッジを念頭において業務効率を上げる方が望ましいのではないでしょうか。





★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします