例に漏れず、私も資産形成の一環として iDeCoを行っています。
資産形成ブログ界隈では、 VTに準じた世界株ポートフォリオ投信がメジャーなようです。


そんな中、私は DC定期一本槍です。定期って、資産形成の素人なのね(笑)という声が聞こえてきそうですが、私は大真面目に定期で資産形成しています(威張)!


株式や債券ではなく、日本円の定期預金にしている理由は、リスクを回避するわけではありません。単に株式を購入するべき時期ではないと思っているだけです。


ご存知のように、iDeCoは所得控除を使えるため、所得税+住民税が節税になります。例えば、所得税+住民税が50%の人であれば、掛け金の半額で定期預金を積み立て可能です。


つまり、年間20万円のケースでは、10万円を拠出するだけで20万円分が積み上がっていくので、10万円をタダで貰っていることと同義なのです。


 iDeCoは拠出金の上限額が決まっており、残念ながら大した金額ではないのですが、まさに道に落ちてる小銭を拾う感覚で、小額ながらも続けているのが現状です。


私の iDeCo運用はこのような状況なのですが、先日 iDeCoを運用している SBI 証券から iDeCo運用商品の除外に関するご案内という手紙が郵送されてきました。


なんでも、運用関連運営管理機関が選定・提示する運用商品の上限数を 35を以下とすることが法律で規定されたため、 SBI 証券の32運用商品が除外対象になり停止するようです。


これを頂けません。。。そこで気になる除外対象運用商品のリストを確認したところ、幸いにも定期預金では私が選択している「あおぞら DC 定期」は大丈夫のようです。


定期預金ではスルガ銀行とあおぞら銀行の2本がありましたが、除外対象となったのはスルガ銀行のようです。


除外されてしまうと、その時点で現金化される可能性があります。株式や債券型の場合は、その時点で損失が発生する可能性があります。


定期預金であればそんなことはないのでしょうが、自分が投資している運用対象が停止されるという思ってもみなかった iDeCoの運用リスクの存在に少し驚きました。


いずれにせよ、私は金融資産投資家の必勝パターンと言われているドルコスト平均法には否定的です。あくまで自分の相場観と金融資産投資技術に従っていくのみです。


ビックチャンスが来るまでは、iDeCoに関しても DC 定期預金でキャッシュを積み上げ続けようと思います。





★★  医師のための金融資産形成術  ★★


資産家および医師を対象として、2015年10月に開催した本ブログ管理人による 「金融資産形成術セミナー」 の動画、および講演で使用したスライドです。



NY夜景

      



勤務医・開業医の種類に関わらず、医師が資産形成する際には下記の3つを組み合わせることで効率良く資産形成することができます。


1. 医師免許をベースにした人的資産からのキャッシュフロー
2. 不動産からのキャッシュフロー
3. 金融資産投資の技術


①②で得られる安定したキャッシュフローを元手にして、③の金融資産投資技術を用いて資産形成するのです。しかし、多忙な医師が金融資産投資で結果を出すのは難しいのが現実です。


一方、金融資産投資は買値で投資収益性が決まります。 ”多忙な医師がいかにして金融資産を安く買うか?” という命題を解決するため、私は超長期逆張り投資戦略を選択しています。 


今回の「金融資産投資術セミナー」は、資産形成マニュアルで提示した資産形成手法における金融資産投資の各論です。築古木造戸建投資は「守」、金融資産投資は「攻」という位置づけです。


築古木造戸建投資の「守」 と 金融資産投資の「攻」の組み合わせが、安定的な所得のある医師の資産形成における有力な選択肢のひとつと考えています。