先日、いわゆるオムツ骨折と思われる大腿骨転子部骨折に遭遇しました。
この手の骨折の治療は本当に難しいです。


オムツ骨折に関しては、比較的高率にインオペ症例が含まれている印象です。しかし、最終的に手術施行可能か否かは、麻酔下でしか判断できないことが多いです。



2 - コピー



今回の症例の術前単純X線像です。何だかあまりみたことの無い転位です。骨膜が破綻していることは確実ですが、これだけでは骨折部の状態を正確に評価することはできません。


全身麻酔下に牽引しようとして驚きました。左股関節・膝関節が拘縮してあまり動かないのです。一応、手引き歩行していたとの情報ですが、かなり高度の粗鬆骨です。


しかも、側面像をみると、どうやら大腿骨頚部が後捻しています。しかも、おおよそ60度ほども転位しているようです。いったいどうなっているんだ???


骨膜連続性が破綻しているため、何をしても全く整復できません。う~ん、これはまたしてもインオペか・・・ 30分ぐらい格闘していると、ほんの少しだけ整復(?)されました。


これはイケルかも! しかし、ここで早まってはいけません。このような通常と異なる症例では、準備しているインプラントで本当に対応できるのかを確認する必要があります。


今回の症例に関しては、かなりの転位が残存しているので、ラグスクリューが非常に短いことが予想されました。計測すると75mmでした。ギリギリ最短サイズです。



22 - コピー




恐る恐る手術を開始すると、何とか75mmで対応可能でした。しかし、薄氷を踏む思いです。術前に計測していなかったら、術中にパニックにをおこした可能性もあります。


今回の症例のように、通常と異なる場合には、インオペを回避できると思っても本当に準備しているインプラントサイズでOKなのかを確認した方が良いと感じました。







★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★


整形外科医なら誰もが所有している骨折治療のバイブルです。豊富な図や画像が提示されており、骨折手術におけるAOの考え方や基本原則を学べます。