投資技術に依存せずに資産形成で成果を出すためには、給与所得や事業所得を積み上げるしかありません。


長年、私はこの作業を継続しているのですが、最近になって気付きを得たのでご紹介させていただきます。それは、金銭感覚に関する10:1の重要性です。


例えば、私が現在展開しているビジネスにおいて、おおよそ1件あたりの利益が3万円です。利益3万円の取引は普通の金額なので、正直に言って嬉しくもなんともありません。


この場合の金銭感覚は、
私にとって1件3万円の収入が普通の感覚です。これ以下の利益しか出ないようであれば、積極的に動く気になれません。


一方、個人消費に関しては、3万円というと目もくらむような金額です(笑)。3万円のモノを買ったり体験したりということは、かなりの決断力を要します。


それでは、どれぐらいがストレスなく消費できる金額かというと、だいたい3000円くらいです。この場合、支出に関する普通の感覚は3000円ということになります。


つまり、収入に関しては3万円が普通の感覚であることに対して、支出に関しては3000円が普通の感覚です。比率にすると、収入:支出=10:1ということになります。


この状態を維持すると、急速に手元資金が積み上がることに気付きました。タネ銭の増加スピードが爆発的になるのです。


3000円の価値は3000円のはずなので、3000円に対する感覚が収入と支出で全く異なるのは、ある意味おかしな話です。


一方、収入と支出に対する金銭感覚の違いが少ない人種が居ます。その代表は医師です。医師はアルバイトでアブク銭を稼げます。


このため、収入と支出に関する感覚が拮抗しているケースが多いです。例えば、収入3万円(夜診アルバイト等)が普通の感覚であることに対して、支出でも3万円が普通なのです。


この状態が続くと3万円-3万円=ゼロなので、当然お金はたまりません。「働けど働けど我が生活は楽にならない」ラットレースの状態です。


ラットレースから抜け出すには、金銭感覚に対する意識改革が必要です。理想論を言うと、支出3万円 → 支出3000円を普通の感覚にするといったダウンサイジングが有効です。


一方、収入に関しては、3万円が普通の感覚であることに妥協せず、3万円 → 5万円が普通の感覚となるように挑戦していくことが望ましいです。


実際にこのような意識改革を行う過程では、最初のうちは精神的な苦痛を伴います。しかし、がんばり続けていると慣れてくるので、とにかく始めることを強く推奨します。







★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙