先日、営業活動の一環として某専門職向けのセミナーをリッツ・カールトンで行いました。リッツ・カールトンでセミナーを行うのは初めての経験です。



222 - コピー



セミナーの内容的にはいつもと同じなのですが、会場が良いと何だか高尚な内容のような錯覚に陥ります(笑)。




セミナー開催は効率良い集客法


ビジネスにおいて、集客は最重要課題のひとつです。当初の営業は、テレアポ+地道なドブ板営業でした。このような地道な営業も、もちろん効果を発揮します。


しかし、テレアポ+ドブ板営業は一対一の関係であるため、効率が悪いことは否めません。商品が高額である場合は、効率の悪い営業方法もそれほど悪い選択肢ではありません。


当初はそのように認識していたので、1年ほどは地道な地上戦を展開していました。しかし最近はテレアポやドブ板営業は全くしていないです。


ではどのようにして取引先を開拓しているか? と言うと、主にはセミナーを開催して集客しています 。


おそらく、医師の中では売れっ子の医学部教授以外で、私ほどセミナーを開催して人前で喋っている人間はいないのではないかと思います。


だいたい月2回ペースで講演しているので、生来人見知りの性格であったにもかかわらず、最近では人前で喋りたくてウズウズしています(笑)。ある意味職業病なんでしょうね。


感覚的にはテレアポ+ドブ板営業よりも、セミナー開催で見込み客を集客した方が効率良くて成約率が高いです。これは、いわゆるバイブル商法にも通じるマーケティング手法です。


もちろん講演する内容は、見込み客にとって有意義な内容でなければなりません。そして、そのためには、少なくともインターネットで転がっているような情報ではダメです。


ネット上では絶対に手に入れることができない現役医師としての感覚をふんだんに話すと非常に喜ばれます。私たちにとって当たり前のことでも、非医師にとっては貴重なようです。




医師という肩書のポテンシャルは高い!


このようにして、非医師にとって貴重な情報を講演することで、着々と集客しています。もちろん集客する対象は一般人ではないので、数百人レベルのセミナーではありません。


しかし、10~20人程度のセミナーであっても、それだけの人数をテレアポ+ドブ板営業するのは相当な労力が要ります。


そう考えると、セミナーを開いて2時間ほどの間でそれだけの人数を集めで営業できるということは、劇的に集客する能力が高まることを意味します。


マーケティングの手法としては PPC 広告などの空中戦やテレアポ+ドブ板営業などの地上戦がありますが、セミナーで集客する手法も非常に有効だと思います。


効率性を考えて、最近では地上戦よりもセミナー集客に注力しています。そしてセミナーを開催し続けていると感じるのが、やはり医師は珍しい存在だということです。


医師という肩書きがあるだけで、セミナーを開くときにもそれほど困ることはありません。
医師という肩書きが持っている価値は、私たちではよく分からないと思います。


しかし、外に向かって活動していると、医師という肩書きの価値を感じます。医師免許を持っているのであれば、この看板を有効に使う方法を考えてみるべきだと思います。





★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙