最近、医師の中でも起業しようとする方が多い印象です。参入障壁の高さを利用してどんどん起業しようという布教活動(?)をしている身としては好ましい風潮だと考えています。


いろいろな場面でビジネスモデルを拝聴することが多くなりました。しかし、残念ながら巡航状態に持って行くのはなかなか難しそうだというアイデアがほとんどです。


私のやり方ではないからダメ出しするわけではないですが、客観的に見て事業化が難しそうなアイデアが多いです。今回は、なぜ事業化が難しいのかについて考えてみました。




世の中の「痛み」を見つけよう


一般的に起業のアイデアは、提供したい価値を見つけることから始まります。自分で世の中に不足しているサービスを考えて、それに対する解決法を提供するという思考回路です。


このこと自体は問題ない思考方法ですが、残念ながらそれだけではビジネスとして成立しません。なぜかと言うと、この時点では利益を確保する視点が欠落しているからです。


確かに世の中のニーズを汲み取ることは重要なことです。しかし、このこと自体がビジネスの収益に結びつくか否かは別問題です。


そして残念ながら世の中のニーズのほとんどは、それを解決したとしてもそのまま収益に結びつくことはありません。


世の中にはお金にならないニーズが多いのです。それではどうすればいいのかと言うと、架空のニーズを検証するのではなく現実問題としてそこにある大きな「痛み」に着目します。


まだ世の中に周知されいない架空のニーズの場合は、ニーズそのものを認識していない人が多いのでビジネスとして利益を確保することが難しくなります。


しかし現在存在している痛みに関しては、消費者そのものが痛みを実感しています。このため、それに対する解決法が提供されると購入してくれる確率が高まります。


つまり、ビジネスのネタを見つけるためには想像上のニーズではなく現実問題として「痛み」を伴うニーズに着目することが収益化の確率を高める方法です。


ちなみにこれは私のオリジナルではありません。オンラインサロン内で、Quotomy の大谷先生が「痛み」というフレーズを使ってビジネスのニーズを説明されていました。


そして着目する痛みに関しては、痛ければ痛いほど収益化の可能性が高まります。理想的には痛烈な痛みを伴っているニーズをいかにして見つけるかがポイントです。


そういう視点で医療業界周辺を見ると、痛烈な痛みを発しているところがいくつかあることに気付きます。


それらの中で、初期費用がさほどかからず知識や人材の再配置で利益を確保できる領域を選択することが事業の収益化成功への近道だと思います。




テクノロジー vs 高度人材の適正配置


このような強烈な痛みを発しているニーズを発見した場合、その次に必要なものは如何にしてそこにサービスを投入できるかです。


ここで必要となるのは「人脈」です 。医療業界でもテクノロジーが注目されがちですが、 医療ではテクノロジーよりも高度専門人材の適正配置が問題になっていることが多いです。


つまり医療ではテクノロジーだけでは解決できず、高度な専門知識を持った人材が最終的な解決法となることが多いのです。


このことから初期費用や維持に膨大な費用のかかるテクノロジーよりも、高度専門人材の適正配置に注目する方が、低リスクで当初から収益化できる近道ではないかと考えています。


高度専門人材の適正配置を実践するためにはある程度の人脈が必要です。そして、人脈を形成するためには自らの信用力を高める必要があります。


私がブログを長年続けているは、高度な専門知識を持った人材である医師の信頼を得ることが目的のひとつでもあります。


テック系の起業も悪くないですが、高度な専門知識を持つ人材の適正配置に着目したビジネスモデルをもっと検討するべきではないかと思っています。






★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします