先日、本屋さんに行くと年収 1 億円本が流行っていることに気付きました。少し前まで年収 1000 万の書籍が流行っていたので、金持ち本インフレが起こっているのかもしれません。


年収 1 億 円ぐらいのタイトルじゃないと目立たないのでしょう。何冊かパラパラと立ち読みしましたが実体験を伴わずに書いているためか、参考になる内容はありませんでした。


それなら、PV を集めるために、私も「年収 1 億円
というキャッチーなタイトルで書いてみるか! 本当にこんなので PV 集まるのでしょうか(笑)


まず年収 1 億円ですが、そもそも 年収 3000 万円を超えたあたりから、年収とは何ぞや?という状況になってきます。


どういうことかというと、いわゆる給与所得者で年収 3000 万円を超える人が世の中にはほとんどいなくなってくることが原因です。


もちろんもっと稼いでる人はたくさんいるのですが、給与所得として3000 万円以上稼いでも半分以上税金で取られてしまいます。


このため、多少でもマネーリテラシーがある人なら、給与所得としてそれ以上の金額を稼ごうと考える人は少なくなるからです。




年収 1 億円の定義


例えば、年収 1 億円の手取りは約6000万円ぐらいです。 そう考えると生活費を控除した年間フリーキャッシュフロー(FCF)5000万円=年収 1 億円という定義になりそうです。


まず年収 1000万円と年収 5000万円と比較してみました。年収 1000万円では手取りが約700万円(FCF 200万円)、年収 5000万円では手取り約 3000万円(FCF 2500万円)です。


つぎに各年収毎の属性ですが、年収 1000万円は時間と労力を切り売りすれば達成できます。勤務医を含めた、いわゆるサラリーマンと呼ばれる人たちです。


年収 5000 万円は他人を雇ってお金の流れにレバレッジを掛けて規模を拡大させる人のことをいいます。そして年収 1 億円はその流れを仕組み化しパッケージングする人です。


私の周囲を見渡すと、年収 5000 万円クラスの人はゴロゴロ居ます。開業医の先生もこのクラスの方が多い印象です。基本的にこのクラスの収入源はモノカルチャーです。


つまり事業等で1点集中している人が多いのです。一方、年収 1 億円クラスになると、資産数十億円規模の不動産投資家を除いて、モノカルチャーの人はあまり見かけなくなります。


年収 1 億円クラスの人はモノカルチャーではなく、いくつかの事業+不動産といった複数の収入源を持つ人の割合が多くなる傾向にあります。


その理由は、これだけ変化の速い世の中では、モノカルチャーではそれだけ高額の収入を維持できないという現実があります。


だいたい事業の寿命は10年以内(数年のことが多い)なので、年収 1 億円をコンスタントに積み上げる人は、常に新しいビジネスの種を撒いています。


ひとつのビジネスがダメになっても、少し前に撒いた種が発芽して収益の柱のひとつになる。そのような状況を繰り返しているのです。




年間 1 億円稼ぐ人は居るが、年収 1 億円は蜃気楼!


周囲の観察から、年収 1 億円を維持するには上記のような手法を採るべきことに気付きました。やはり、フローベースで高収入を維持するには相当労力が要るようです。


普通の人にはなかなか難しい芸当ですね。このため、年収 1 億円を目指すよりも、資産 1 億円を目指す方がハードルが低そうです。


ストックしての資産 1 億円であれば、世相の最悪期に不動産や株を仕込んでおくと、10年ほどして景気が回復すると資産 1 億円程度であればクリアできる可能性が高いです。


そもそも年収 1 億円というのはプロスポーツ選手など一部の特殊な人を除いてほとんど居ないです(法人を利用して実質的に年収 1 億円以上稼いでいる人はたくさんいます)。


このような実在しない蜃気楼を追いかけるよりも、地に足を付けて資産形成をするのであれば、フローではなくストックを積み上げる工夫を真剣に考えるべきでしょう。


ちなみに、今日の結論は「ストックを積み上げる工夫を考える」ですが、収入源の複数化は多くの年収 1 億円プレーヤーが実践しているので可能な範囲でお手本にするべきでしょう。








★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙