インサイダー取引ってどんなイメージでしょうか? 一般的にはインサイダー取引はあまり良いイメージではないと思います。


その理由のひとつは、上場株式の取引においてはインサイダー取引が禁止されているからです。上場株式投資でインサイダー取引をしてしまうと刑法で罰せられます。


このようなことから、一般的に「インサイダー取引=悪という図式が成り立っています。しかし、実際の世の中で成功するためにはインサイダー取引は欠かせません。


もちろん、これは法律に反することをしなければ成功しないと言っているわけではありません。そもそも、インサイダー取引は日常生活で一般的に行われていることです。


例えば、近所のイタリアン・バルのオーナーが新規出店しようと物件を探しているというのは「インサイダー情報」です。私ならこの情報を元に、所有物件を売り込みます。


知り合いが交通事故に遭うと、経験豊富な交通事故に特化した弁護士を紹介します。これもまたインサイダー取引です。このようにインサイダー取引は一般的に行われています。




不動産でのインサイダー取引


不動産では良い物件が出ると、まず最も有力な買主候補に話を持っていくことが一般的です。その人が蹴ると、次の買主候補へと順番に話が行きます。


不動産業者にとって美味しい物件情報を確実に利益にするために、物件を確実に購入してくれる人に話を持っていくのは当然のことです。


このことを知っていると、不動産投資で成功する秘訣は、不動産業者さんから優良なインサイダー情報を得ることがポイントであることの分かります。


ネットで転がっている物件情報やマス対象の新築マンション投資の話に乗っかっても利益が出ないことは明白です。そんなものはインサイダー情報でもなんでもないからです。




ビジネスでのインサイダー取引


ビジネスでは、同じ価格・サービスであれば取引関係にある業者さんに仕事を回すのが通常です。こうすることで相手からも今後何らかの見返りを受けることが期待されるからです。


また、ビジネスでの投資事案も、まずは親しい人から順番に声がけしていきます。理由はお互いの力量を知り尽くしているので成功する確率が上がるからです。


また、知り合いから事業展開での相談があれば、自分の手持ちカード中から吟味して紹介することは普通のことです。これもまたインサイダー取引ですね。


このように不動産投資・ビジネスとも、取引先に軽重をつけることなく全て平等に取り組むことはありえません。




インサイダー情報を得ることが目的


インサイダー取引が美味しいということは、上場株式取引も含めて不動産やビジネスなどの全てに該当します。


このため、上場株式取引などの違法行為でない限り、不動産やビジネスにおいて積極的にインサイダー情報を取りに行くことが鉄則です。


そして、インサイダー情報を得るコツは、相手の懐に深く入り込むことです。そのためには、自分の信用力を知識・経験・人格・経済的にすべて高めておくことが必要です。


自分の総合的な信用力を高めることを通じてインサイダー情報を呼び込みことで、他の人に比べてチャンスをつかむ確率が劇的に向上します。


おおむね、世の中の全ての利益はほぼインサイダーからもたらされてると言っても過言ではありません。私の行動規範は相手の懐に入り込んでインサイダー情報を得ることです。


もちろん、インサイダー情報を得るだけではなく、それ以上に自分の周囲の人に対して有益なインサイダー情報を提供することは言うまでもありません。


サラリーマン的な考えの人の中には、全ての人を平等に扱わなければならないと思っている人がいます。このような人は少し考え方を改めた方が良のではないかと考えています。






★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします