最近、鎖骨骨幹部骨折で手術を施行する機会が増えました。昔はできるだけ保存治療を選択していたのですが、何度か偽関節を経験してから治療方針を転換したのです。


何と言っても偽関節手術は面倒だし気を使いますから・・・。さて、鎖骨骨幹部骨折で多い骨折型は上下方向の斜骨折ですが、前後方向に斜骨折しているパターンもあります。


私はプレート派です。上下方向の斜骨折では、遠位骨片の上にプレートを設置してスクリューを挿入することで、プレートで近位側骨片を抑え込むようにして整復固定しています。


しかし、前後方向の長い斜骨折の場合、鎖骨上方にプレートを設置すると捨て孔は多くなってしまいます。う~ん、どうしよう。。。


ほとんどの整形外科医は気付いていると思います。そんなの鎖骨前方プレートを選択すれば解決するだろう・・・


恥ずかしながら、最近不勉強だったので鎖骨前方プレートの存在を失念していました。少しバルキーなのが難点ですが、今度は使用してみようと思います。





★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★


整形外科医なら誰もが所有している骨折治療のバイブルです。豊富な図や画像が提示されており、骨折手術におけるAOの考え方や基本原則を学べます。