慶応義塾大学・外科の研究グループは、軟性内視鏡手術システム(Flexible Endoscopic Surgical System: FESS)の非臨床試作モデルを完成させました。


777 - コピー

22 - コピー



本システムは、慶應義塾大学医学部、理工学部、慶應義塾大学病院およびメーカーが産学連携体制で開発を進めてきました。


ダヴィンチなどの硬性内視鏡手術ロボットの登場により手術の低侵襲・高精度化が進みましたが、膵臓がんなど硬性内視鏡での手術が難しい部分では依然として開腹手術が主流です。


FESSは軟性内視鏡手術システムなので、これらの疾患に対しても内視鏡手術が可能となることが期待されます。


私が勤務している病院の近隣にもダヴィンチを導入している医療機関が多いですが、残念ながら導入目的が集患になっているところがほとんどです。


ダヴィンチ単体では利益を出すことができないが、客寄せパンダとして所有しています。ダヴィンチは毎年メンテナンス費用が数百万円かかります。


数百万円もかけるのであれば、他の方法を模索するべきだと素人的には思うのですが、先端機器が宣伝になると思っている医師が多いのでしょう。


しかし、毎年膨大な医療費が日本から米国へ流れています。私はこれは由々しき状況だと感じています。そしてFESSはダヴィンチの寡占を崩す起爆剤になると期待しています。


FESSに風穴を開けてもらい、ダヴィンチによる国富の漏出を止めることと、日本の産業振興を両建てして欲しいものです。






★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします