東京大学入学式での上野千鶴子さんの祝辞が話題になっています。割と好意的な意見が多いようですが、もし自分が新入生やその親であれば勘弁してほしい内容だと思いました。


明らかに入学式の祝辞としては不適切で、売名行為と勘繰られても仕方ない内容です。特に過激な事例を引き合いに出した前半の偏狭ぶりは聞くに堪えない内容です。


入学式の主役は新入生であって世間ではありません。新入生に対する思いやりの気持ちが無かったことは残念です。一方、世間の高評価の原因は下記に集約されると思います。



あなたたちはがんばれば報われる、と思ってここまで来たはずです。ですが、冒頭で不正入試に触れたとおり、がんばってもそれが公正に報われない社会があなたたちを待っています。そしてがんばったら報われるとあなたがたが思えることそのものが、あなたがたの努力の成果ではなく、環境のおかげだったこと忘れないようにしてください。あなたたちが今日「がんばったら報われる」と思えるのは、これまであなたたちの周囲の環境が、あなたたちを励まし、背を押し、手を持ってひきあげ、やりとげたことを評価してほめてくれたからこそです。世の中には、がんばっても報われないひと、がんばろうにもがんばれないひと、がんばりすぎて心と体をこわしたひと…たちがいます。がんばる前から、「しょせんおまえなんか」「どうせわたしなんて」とがんばる意欲をくじかれるひとたちもいます。

あなたたちのがんばりを、どうぞ自分が勝ち抜くためだけに使わないでください。恵まれた環境と恵まれた能力とを、恵まれないひとびとを貶めるためにではなく、そういうひとびとを助けるために使ってください。そして強がらず、自分の弱さを認め、支え合って生きてください。



これはこれでいい内容だと思いますが、実際のところ「がんばったら公正に報われる」と思っている人など、ほとんど居ないのではないでしょうか?


世の中は、環境・才能・運に左右される場面がほとんどで、努力だけでは如何ともし難いです。環境・才能・運を持っている人が、努力を続けることで成功を掴み取るのが現実です。


このように「がんばってもそれが公正に報われない社会」を生き抜くには、
  1. 多少なりとも他人よりも才能のある分野で
  2. 笑顔を絶やさず運を招き入れながら
  3. 必死の努力を続ける


ことが必要ではないでしょうか? 書いていて我ながらイヤになってきましたが、これがリアルワールドの真実ではないかと常々感じています。







★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします