目下、自宅 2号の改装中です。
毎朝、工事現場に寄って進み具合を確認するのが日課となっています。


重量鉄骨の倉庫なのですが、ALC板を壊して取り外しているため埃がすごいです。1日中こんな環境で仕事すると体に悪そうです。職人さんには本当に頭が下がります。



77 - コピー



さて、埃まみれになってから出勤するため最近体が砂っぽい私ですが、請負契約を交わして解体工事が始まる直前まで工務店の研究をしていました。


今回は鉄骨造倉庫の改修工事のため、いつもお願いしている木造建築物の工務店では対応できません。
普通の工務店は木造建築物メインなのです


このため、重量鉄骨造の建物に対応できる工務店を探す必要があります。いつもの工務店なら阿吽の呼吸ですが、新規工務店は見積段階からふっかけてくるので困っています...。


当初、紹介してもらった工務店 2社に見積り依頼しましたが、あまりにひどい見積りだったので、すべてちゃぶ台返しにして別の工務店を探す羽目になりました。


改装工事の場合は詳細に見積書を作ること自体が容易ではありません。このため、むやみに相見積りを取ることはしない方針だったのですが、無茶苦茶な見積書をあげてきました。


最初の 2社は初回の見積書で A4ペライチの内容のない見積書で、ざっくりとした数字しか並んでいません。しかも新築の鉄骨造を建築するよりも高い金額の見積りです...。


まったく話にならないことを指摘した上で、もう少し詳細な見積りをお願いしたところ、そのうちの一社はなしのつぶてです。


もう一社の方は 2か月ほどして見積書を出してきたものの、まだ相当割高な見積りでした。一応私も不動産投資家のはしくれなので、工事の詳細や単価は熟知しています。


その目線で見積書を検討したのですが、住器に関しては仕切りが37~45% ぐらいのはずのところを定価の 8割で見積りをあげています。


また人工賃に関しても、通常 4工で行けるところを 8工など倍見積もっており、これに加えて諸経費を 20%で計算していました。


全てを合算するとおおよそ発注金額の 5割が利益になる計算です。もちろん改修工事なので予想外のことが起こりやすく、実際は 3割ぐらいの利益に落ち着くことが多いのです。


しかし、今回に関しては突発的なことを考えても 4割ぐらいの利益が乗っていることになります。さすがにこれはいただけないと感じて、他の工務店を探すことにしました。


一般的には、何も知らない施主さんが多いことが予想され、初見客に対する工務店の暴利の凄まじさに驚いた次第です。


ただ、見積書を正確に精査できる人は限られており、その点が不動産投資や自宅改修の難しいところだと感じました。不動産とはなかなか魑魅魍魎な世界ですね...。






★★ 管理人監修の「築古木造戸建投資マニュアル」 ★★
 


なぜ、築古木造戸建なのか? 不動産業者が勧めるピカピカの投資用新築マンション投資など全く比較にならない旨みが隠されています。医師が築古木造戸建投資を行う目的は2つです。


  1.  不動産投資の入門編
  2.  給与所得の節税対策


医師のあなたなら、築古木造戸建投資は税制を絡めて低リスクに実践可能であり、本格的な不動産投資を開始する前の絶好の練習台となります。
 

本マニュアルは、「勤務医のあなたが開業医並みの収入を得て富裕層に到達する方法!」で提唱した築古木造戸建投資の実践版です。


多忙な医師が時間をかけずに知識を習得することを目的に、パワーポイントのプレゼンテーション形式となっています。ポイントだけに絞っているので1時間以内に概要を掴むことが可能です。


全143スライドのPDF版ダウンロード販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。


尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。




医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1