先日、入院中の受け持ち患者さんの尿道カテーテルが閉塞しました。尿道カテーテルを入れ替えたのですが、カテーテル内には結構な量のデブリスがあります。


看護師から膀胱洗浄の是非について質問がありました。研修医の頃は膀胱洗浄をしていたこともありますが、最近では自分で膀胱洗浄をすることは無くなりました。


あまり意識することが無かったのですが、膀胱洗浄を施行することで細菌を尿管や腎臓に押しやってしまい、感染リスクが上昇するということを聞いたことがあります。


このため、膀胱洗浄の是非について少し自信を持てなくなりました。そこで恥ずかしながら、泌尿器科専門医に膀胱洗浄についてお伺いしてみました。


泌尿器科の先生がおっしゃられるには、膀胱内にデブリスが充満している時に施行する膀胱洗浄は悪いことではないようです。


もちろん洗浄圧があまりにも高くて膀胱内圧が上昇すると、尿管や腎臓に尿が逆流してしまい腎盂腎炎等の尿路感染症を併発することがあります。


しかし極端に膀胱洗浄時の圧が高くならないようにさえ注意しておけば、膀胱洗浄自体は膀胱炎の鎮静化にある程度の効果があるようです。う~ん、勉強になりました。







★★ 医学知見探求サービス ★★


医学知見を医師ユーザー同士で発信・共有するコミュ二ティに参加しませんか? 

quotomy - コピー


「医師と医学知見との出会いを再定義する」 Quotomy(クオトミー)は、臨床現場で働いていると個人で医学知見をキャッチアップすることが難しい、という臨床医の切実な痛みから誕生しました。


忙しい日常の中で、医学知見を得たり、発信したりすることが難しくなっています。 時間的・地理的制約のために、学会や勉強会への参加もできない環境で働く医師もいます。


知への探求を諦めていませんか?


抄読会をする感覚で、Quotomyで論文を読んだ感想や気づきをシェアしましょう! お気に入りのユーザー同士はフォローでき、お互いのアクションを確認できます。


Quotomyは現在ユーザー登録受付中です!
登録は こちら からお願いします。