2019年2月から第一世代セフェム系抗生物質のセファゾリンが供給停止に陥っています。原因は、セファゾリンのシェア6割を占める日医工への原薬が納品されなくなったためです。


製造元の日医工の発表によると、2018年の年末からセファゾリンの原薬がスムーズに納品されなくなり始め、2019年 1月には 3/4に異物が混入する事態に陥りました。


2019年 2月には製造した全てのセファゾリンに異物が混入するという異常事態になったため、供給停止を決めたようです。


事の重大さから、厚労省は2019年 3月 29日付けで事務連絡をホームページで公表しました。医療の現場からセファゾリンが消えるとなると、その影響は甚大です...


医師としてメインで勤務している施設は、幸い日医工ではなかったのですが、今月になっていよいよセファゾリンが新規で入手不可となりました。


それなら、厚労省の推奨薬であるセフォチアム(パンスポリン)やセフメタゾール(セフメタゾン)でいこうと思ったら、これらの薬剤もスムーズに入荷できないとのことです...


どうやら、抗生剤全般が配給制(?)のような状態になるそうで、制約無しで共有されるのはカルバペネム系とニューキノロン系のみとのことでした。


どうしてそうなるのかサッパリ分かりません。「カルバペネムを 1st choiceで使うぞ!」と薬剤部を脅すと、「それだけはご勘弁を!」というお約束の寸劇がありました。


冗談はさておき、術後の予防投与ならまだしも、ホンモノの感染症に対峙するにはあまりに心許ない環境です。現状で化膿性脊椎炎患者さんを抱えているのでヒヤヒヤものです。


抗生剤の配給制とか聞いたことが無いので、他県の医師に確認すると「知らん」の一言でした。うちの近隣だけなのでしょうか??? そうであれば迷惑この上無しです。


ただひとつ言えることは、廉価で利益の薄いジェネリック医薬品(今回のセファゾリン)は供給が不安定になりがちという大きな問題点があるようです。


医療費削減のためには仕方無いですが、安定供給されない薬剤ほど困ったモノはありません。感染症に対峙するためにも、早くセファゾリンの安定供給が再開してほしいものです。






★★ 医学知見探求サービス ★★


医学知見を医師ユーザー同士で発信・共有するコミュ二ティに参加しませんか? 

quotomy - コピー


「医師と医学知見との出会いを再定義する」 Quotomy(クオトミー)は、臨床現場で働いていると個人で医学知見をキャッチアップすることが難しい、という臨床医の切実な痛みから誕生しました。


忙しい日常の中で、医学知見を得たり、発信したりすることが難しくなっています。 時間的・地理的制約のために、学会や勉強会への参加もできない環境で働く医師もいます。


知への探求を諦めていませんか?


抄読会をする感覚で、Quotomyで論文を読んだ感想や気づきをシェアしましょう! お気に入りのユーザー同士はフォローでき、お互いのアクションを確認できます。


Quotomyは現在ユーザー登録受付中です!
登録は こちら からお願いします。