先日の日経新聞で興味深い記事がありました。かかりつけ医を定額制に 過剰な診療抑制 厚労省検討  です。


厚生労働省は、患者がかかりつけ医を任意で登録する制度の検討を始めたようです。診察料を月単位の定額として、かかりつけ医以外を受診する場合の負担は上乗せとなります。


受診回数の多さは医療費の伸びにつながるため、医療費抑制が目的の制度です。  早ければ2021年度の改正も視野に入っています。


まず、かかりつけ医として登録できる医療機関の要件を定めるようで、大病院との連携や診療時間外の対応も可能かなど一定の水準を求める方向とのことです。


大病院との連携はまだしも、診療時間外対応を半強制するようです。かかりつけ医から外れると、長期的にはペナルティを課せられる可能性があるので開業医には厳しいですね。


更に、診察料を月ごとに定額にするので、軽症にもかかわらず何度も受診されると開業医的にはたまったものではありません。


流行りのサブスクリプション方式のビジネスモデルですが、開業医的にはあまりメリット無さそうな印象です。もちろん軽症患者が多いとウハウハですが、現実には真逆になりそう。


厚生労働省のロードマップとしては下記のごとくでしょう。

  1. 任意の定額制開始
  2. 当初の定額制はそれなりに魅力ある報酬体系。それと引き換えに時間外対応必須化
  3. 任意制を事実上廃止して強制に切り替え
  4. 報酬引き下げ



検査や投薬が過剰にならない医療の推進や定期的に診することで、病気の予防や早期発見も期待できるメリットがあるという触れ込みです。


定額制は糖尿病や認知症など複数の慢性疾患を持つ患者向けでは導入済みで、欧州ではかかりつけ医が定着している国が多いそうです。


特に、英国では居住地域の診療所からかかりつけ医を選ぶ必要があり、かかりつけ医に行かないと大病院を受診できません。実質的に医療へのアクセスが大幅に制限されています。


私は、現在の日本の医療制度は大盤振る舞い過ぎると感じていますが、定額制を極端に推し進めて英国のようになっても困ると考えています。


ただ、持続可能な社会を目指すためには、少なくとも現在のような将来世代にツケ回しする医療制度を改める必要はあると思います。そうなると医療版サブスクもアリなのかな・・・






★★ 『 整形外科の歩き方 』でお宝アルバイト獲得のための基本講座を公開中です! ★★