相互リンクいただいている整形外科のゆる医ブログで興味深い記事がありました。自販機で缶コーヒーは買わない です。




缶コーヒーを気にせずに購入するメンタリティーだから貧乏なんじゃないのかなと思う。

能力はほとんど変わらない二人が、小さいことからコツコツやるのとやらないのでは。

学歴の差に繋がり。

年収の差に繋がり。

資産形成の差に繋がる。




この話題は結構深い話だと思います。自販機では話が膨らみませんが、ここでは思考実験のためにコンビニにまで拡張してみました。


私も自販機やコンビニで缶コーヒーを買うことはありません。コンビニでモノを買うのはレターパックなどの、どこで購入しても同じ価格の商品だけです。


おそらく、コンビニでモノを買うことを習慣化している人は、金銭感覚のバランスが悪くて目先のことしか考えられないため、アタマの良い人に搾取されていると考えていました。


最近までは本気でそのように考えていたのですが、今は少し考え方を変えました。コンビニでモノを買うことは、自分の時間を買うことなのだと気付いたのです。


缶コーヒーを1本購入することで、自分で淹れるコーヒーに比べて100円損しますが、自分の時給が5万円だとしたらコンビニや自販機で購入する方が合理的です。


そう、コンビニというのは「自分の時間を買う」場所なんですね。このため、生産性の高い人にとって、コンビニは全否定する存在ではないのです。


もちろん、何も考えずにコンビニでモノを買っている人は論外です。しかし、コンビニが割高であることを理解したうえで、それでも自分の生産性を考えて購入するのはアリです。


今回の話をまとめると下記のごとくです。
  1.  自分の生産性 > コンビニの割高さを理解してコンビニで購入する
  2.  コンビニは割高なので、あくまでもコスパ重視でコンビニでの購入を避ける
  3.  便利だからという理由でコンビニで購入する



世の中のほとんどの人は③です。生産性が高くても何も考えずにコンビニ利用している人は③に含まれます。②は群れから抜け出すことに成功した人、①は理想形だと思います。


ちなみに、私のメンタリティは未だに②に留まっています。生産性を考えると、もっと積極的にコンビニを利用するべきなのですが、過去の負体験に邪魔されているようです(笑)。






★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙