少し前に資産形成の錬金術という記事を書きましたが、それ以後にいくつかの気付きを得ました。そこで続・錬金術を考えてみたいと思います。




錬金術1: 不動産編


まず身近なところで、自宅改装での錬金術をご紹介します。今回、私は地下鉄駅徒歩1分の商業地に、小さなマッチ箱のような事務所を購入しました。


見た目には事務所なのかミニ戸建なのかよく分からない外観ですが、私はこの建物を○○ビルという名前にすることにしました。○○とは、現在注力中のスタートアップの社名です。


この物件が所在するアドレスは、中学生以上ならほとんどの人が知っている貴重なアドレスです。そのエリアで自社ビル(?)を所有しているのは大きな宣伝効果があります。


そして○○ビルという名前にするのにかかる費用はゼロです。○○ビルというのは単に自分で主張しているだけで正確な住所ではないのですが、郵便物はきちんと届きます。


また、対外的にもその住所が使われることになります。私がこのことに気付いたのは、以前所有していた物件を自分の資産所有法人の名前にしていたことがきっかけです。


この物件は 6年前に売却してから何名か所有者が変わったようです。しかし未だに私の法人の名前が使われており、その物件に入居している店舗の住所は私の法人名です。


ネットで自分の資産所有法人を検索すると、その物件に入居しているテナントが出てきます。期せずして、勝手に私の法人名の宣伝をしてくれているのです。


物件の名称を変えて入居率を上げるのは不動産投資のキホンですが、今回はそれを自分のリアルビジネスに無料で応用してみるつもりです。一種の錬金術でしょうか???




錬金術2: ビジネス編


ビジネスで役に立つ錬金術(?)をご紹介します。世の中をうまく渡っていくためには、ギブ&ギブが有効です。ギブ&テイクではダメです。ギブ&ギブが成功の秘訣だと思います。


見返りを求めずに常に何らかの利益を周囲の人に配っていると、必然的に周囲の人からお返しが来るようになります。その結果、こちらのビジネスも盛り上がるのです。


しかし金銭的なものを分け与え続けると、何らかのお返しが帰ってくる前にこちらが潰れてしまう可能性が高まります。


これを回避するには、自分にとってお金のかからないモノを提供することがひとつの解決策です。自分にとって無料のモノを提供して、相手から価値あるお返しが帰ってくる...。


具体的なものとして、人脈やデジタルコンテンツが挙げられます。 人を紹介しても減るわけではなく、むしろ紹介することでその人脈が太くなることさえあります。


特にビジネスは、人とのつながりが全てと言っても過言ではありません。販路確保のためのさまざまなツテや会社の価値を上げてくれる特殊能力を持った人が不可欠です。


その中でも、営業や商品・サービス開発は人に依存する要素が極めて大きいので、有能な人とのつながりがビジネスの成否を分けます。このような人材の紹介は非常に喜ばれます。


一方、デジタルコンテンツに関してはこちらで述べたように、一度作ってしまえば複製費用はほぼゼロなので、自分にとってはほぼタダみたいなものです。


人に喜ばれるオリジナルコンテンツをプレゼントすることは、自分の身銭を切らなくても実行できるので非常にオトクです。


このような錬金術を多用することで人生がうまく回り始めます。皆さんも一度錬金術について考えてはいかがでしょうか。





★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙