先日、ガレアッチ(Galeazzi)脱臼骨折の患者さんが受診しました。ご存知のようにガレアッチ骨折は不安定性の強い骨折です。


徒手整復を試みましたが、骨片がかみ合わず整復不能でした。やむを得ず全身麻酔下に手術を施行することにしました。


まだ小柄な中学生なので手術方法はプレート固定ではなく、経皮的骨接合術+ギプス固定を選択しました。


この手の経皮的骨接合術は定型的手術ではないため、思わぬところで苦戦することがあります。今回の症例は橈骨骨幹部の横骨折のため、うまくクロスピニングできませんでした。


2.0 K-wireで皮質骨に刺入しようとしましたが、刺入角度を浅くすると皮質骨表面を滑ってしまい、うまく骨内に入りません。


もちろん角度をつければ刺入できますが、これではクロスピニングになりません。このような場合には、クロスピニングにこだわらずに髄内釘でも構わないと思います。


今回は2.0 K-wireで大きめに刺入部を開窓して、先端を少し曲げたK-wireを開窓部から挿入しました。本物の髄内釘を挿入する要領で近位骨幹部髄内にK-wireを叩打・挿入しました。


当初はクロスピニングしようとして往生しましたが、髄内釘に切り替えたところあっさり手術は終了しました。


橈骨遠位端骨折などの骨幹端骨折であればクロスピニングは容易ですが、骨幹部骨折の場合には刺入角度の問題で難しいことがあります。


このような症例ではクロスピニングにこだわらず、髄内釘でもよいと割り切ると、スムーズに手術が進むと思います。






★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★


整形外科医なら誰もが所有している骨折治療のバイブルです。豊富な図や画像が提示されており、骨折手術におけるAOの考え方や基本原則を学べます。