資産形成においては、ストックを増やすことフローを増やすことの両輪が必要です。順番でいうと、①フローを増して ②ストックを積み上げていく イメージでしょうか。


多くの人にとってフローは複数あるわけではありません。世の中で最も多いパターンは給与所得ですが、残念ながら固定給であることが多いです。


夢の無い話ですが、この部分を増やさないことには資産形成のスピードは遅いままです。したがって、資産形成を考える上ではフローである収入をまず増やす必要があります。


しかし、首尾よくフローを増やした場合、それをストックの増加につなげなければいけません。実はこの過程も難易度が高いです。


何故なら「ストック」と言っても、フローを生み出さないストックを増加させるだけでは資産形成のスピードが上がらないからです。


フローを産み出さない代表的なストックは貴金属や仮想通貨です。これらを所有する究極的な目標は売却して譲渡益を得ることです。


このような市場性のあるストックは、その価値の変動にしたがって評価額が上下しますが、仮に市場価格上昇によって評価額が上がっても売却完了まで資産増加に寄与しません。


一方、フローを産み出すストックの種類は限られています。誰でも購入できる代表的なものは不動産と株式などの金融資産です。


資産形成の初期の段階に居る人は、フローを増やすことに注力しながら、チャンスをみてフローを産み出すストックを収集する努力を続けるべきでしょう。


フローを産み出すストックは利回り的に10%もあれば御の字なので、初期のころはストックを増やしたところでフローへの寄与度がほとんどありません。


しかし、ストックが増えてくると本当に少しずつですがフローも増えてきます。ストックからのフローを使ってストックを購入するといわゆる複利効果が生まれます。


少しずつでもいいのでストックを増やしていくという意志が大事です。感覚的には根雪のように溜まったストックからのフローを増やしていくイメージです。


私が初めてフローを産み出すストックを購入したのは2001年の株式ですが、この時購入した新日本製鉄の配当利回りは1%程度しかなかったことを覚えています。


当時は不動産投資の心理的ハードルが高かったので株式配当ぐらいしかフローを産み出すストックを思いつかなかったですが、2004年に不動産投資に参入して世界が変わりました。


不動産は株式利回りの10倍近い物件が多いので、ストックから生み出されるフローの量も激増します。小さな築古木造戸建でも月額4~5万円のフローがあるのです。


私がフローを産み出すストックとして築古木造戸建を選んでいるのは
  1. 400万円程度で現金購入
  2. 節税効果も含めて5年以内に資金回収
  3. 新たな築古木造戸建へ再投資
のサイクルを回すことが容易だからです。


現状で5戸ありますが、毎月30万円の家賃収入があります。この状態では1年間の家賃収入が360万円になるため、毎年1戸の築古木造戸建を購入することが可能になります。


実際には、優良物件情報が回ってくるのは1年に一度あるかないか程度なので、築古木造戸建を増やすスピードは若干遅いですが「根雪感」は常に感じています。


根雪のように溜まったストックは、それだけで精神的な拠り所にもなります。フローを増やす努力とともに、ストックを増やす努力も忘れずに!






★★ REITで実践する不動産投資セミナー ★★
 


現物不動産投資はハードルが高いと思っている先生方のために「REITで実践する不動産投資セミナー」をお届けします。 不動産投資で成功する要点は下記の4つです。

  • 適切な投資タイミング
  • 適切な投資対象
  • 銀行融資のテクニック
  • 物件運用


今回のセミナーでは、金融商品である REITを用いて上記4点すべてをクリアすることを目的とした他では聴けない知識をお届けします。


  • セミナー動画(86分)
  • スライド形式のレジメ(72ページ)



スライド形式のレジメをベースにしたプロ投資家による講義で、30日間の返品保証付きです。現物不動産投資はコワイけど、不動産投資の恩恵にあやかりたい方におススメです。


尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



REITで実践する不動産投資セミナー