手術当日に患者さんが熱発することはときどきあります。このような時にどのような対応をすれば良いのでしょうか?


私はの場合は、予定手術と準緊急手術の2パターンに分けて考えています。まず両パターンとも診察して本人の様子を確認することは必須です。


通常は熱発しているだけで症状に乏しいことが多いです。この場合、THA や TKA などの予定手術の場合では血液生化学検査、胸部Xp、インフルエンザ迅速検査を行います。


検査結果がほぼ正常の場合には、ご本人およびご家族と協議して当日の手術を施行するか否かを話し合います。多くの患者さんは当日の手術を望まれる印象があります。


スキップした場合には 1週間ほど待機しますが、あまりに待機時間が長いと患者さんもイライラするので注意が必要です。


一方、大腿骨近位部骨折のような準緊急手術の場合には、SaO2をはじめとするバイタルが安定しているようであれば、38度オーバーでも手術を敢行することにしています。


さすがに呼吸状態が不安定な場合には止めますが、呼吸状態が安定していれば決行です。待機してもロクなことはないので、この場合だけは主治医としてリスクを取ります。


重度の肺炎を併発しているのでなければ、手術を施行すると解熱していくことが多いです。
幸い不測の事態は発生していませんが、いつもヒヤヒヤしています。


カラーバス効果かもしれませんが、手術当日の熱発は比較的多い印象です。患者さんの精神状態も関係しているのでしょうか???


主治医としては悩みどころですが、無用なリスクは取らないものの、患者さんのために必要なリスクは取りに行くバランス感覚が重要かなと考えています。






★★ 医学知見探求サービス ★★


医学知見を医師ユーザー同士で発信・共有するコミュ二ティに参加しませんか? 

quotomy - コピー


「医師と医学知見との出会いを再定義する」 Quotomy(クオトミー)は、臨床現場で働いていると個人で医学知見をキャッチアップすることが難しい、という臨床医の切実な痛みから誕生しました。


忙しい日常の中で、医学知見を得たり、発信したりすることが難しくなっています。 時間的・地理的制約のために、学会や勉強会への参加もできない環境で働く医師もいます。


知への探求を諦めていませんか?


抄読会をする感覚で、Quotomyで論文を読んだ感想や気づきをシェアしましょう! お気に入りのユーザー同士はフォローでき、お互いのアクションを確認できます。


Quotomyは現在ユーザー登録受付中です!
登録は こちら からお願いします。