先日、外来が終わって医局でひと息ついていると、懇意の不動産業者様からメールが来ていました。その日の午前中に私が所有している物件の隣で新規売物件が出たとのことです。


資料を確認しましたが、所有物件の隣だけにほぼ周知の事項だらけです。むしろ、賃貸需要の強さや賃貸市場のトレンドも含めた物件のポテンシャルは私の方が分かるくらいです。


担当者に電話して気になる点を確認してから、その場で買い付けを入れました。ただし、隣家の購入価格で買い付けたので、かなり厳しい指値となってしまいました。


ニコニコ現金払い+3日以内の決済可という条件ですが、さすがに指値が厳しかったため、しばらく検討させて欲しいとの返答でした。そりゃそうですよね(笑)。


さて、今回のポイントは懇意の不動産業者様が、不動産投資のエージェントになってくれている点です。この点は非常に大きいです。


私は忙しいので、専業不動産投資家のように物件情報収集を年がら年中行うわけにはいきません。このため、物件情報収集で大きなハンディを抱えていることになります。


しかし、プロの不動産業者様が私の代わりに(?)常に目を光らせてくれています。もちろんレインズの情報にも対応しているので、情報収集能力としては最上位です。


事前に希望物件種類・エリアをお伝えしてるため、過不足無く私が好みそうな物件情報を紹介してくれます。それなりにセレクトしてくれているので、つまらない情報は来ません。


このような状態になると、不動産投資は非常に楽になります。物件情報収集に関しては完全に任せているため、ますます不動産投資に関してはやることがなくなります。


あえて言うならば、良い物件がでればいつでも購入できるようにファイナンス面を磨く必要がありますが、これは資産形成にも直結するので日々精進しています。


ここまでのロードマップを下記に記します。
  1. 不動産投資の勉強をみっちり行う
  2. とにかく物件を見まくる
  3. 物件を購入する
  4. 物件を運営する
  5. 運営面での自動化を進める
  6. 情報収集面での自動化を進める


⑥に到達すればバイサイドでは完璧です。ちなみに全行程を通じて、ファイナンス面の強化は必須です。最初はタネ銭から始まって、次第にキャッシュフローも潤沢にしていきます。


最終的には「あの人が好きそうな物件を持っていけば確実に購入するので仲介手数料が懐に入る!」状態が目標となるでしょう。何とも泥臭いですが不動産投資の真実だと思います。







★★ 管理人監修の「築古木造戸建投資マニュアル」 ★★
 


なぜ、築古木造戸建なのか? 不動産業者が勧めるピカピカの投資用新築マンション投資など全く比較にならない旨みが隠されています。医師が築古木造戸建投資を行う目的は2つです。


  1.  不動産投資の入門編
  2.  給与所得の節税対策


医師のあなたなら、築古木造戸建投資は税制を絡めて低リスクに実践可能であり、本格的な不動産投資を開始する前の絶好の練習台となります。
 

本マニュアルは、「勤務医のあなたが開業医並みの収入を得て富裕層に到達する方法!」で提唱した築古木造戸建投資の実践版です。


多忙な医師が時間をかけずに知識を習得することを目的に、パワーポイントのプレゼンテーション形式となっています。ポイントだけに絞っているので1時間以内に概要を掴むことが可能です。


全143スライドのPDF版ダウンロード販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。


尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。




医師のための築古木造戸建投資マニュアル 1