富裕層ネタの続きです。
富裕層(純資産 1億円以上であったが最近では 5億円以上?)に到達するのは難しいです。


運の要素は必要ですが、もちろん運だけでは到達することはできません。資産形成を阻む考え方や生活習慣があると、それだけで富裕層への到達は絶望的になります。


資産形成を阻む考え方や生活習慣の筆頭は「時間の切り売り」だと思います。いわゆる時給○○円の仕事はすべて時間の切り売りです。医師の場合、代表例はアルバイトでしょう。


なぜ、時間の切り売りは富裕層への道を閉ざすのか? それは、時間は無限ではないからです。時給制=収入の上限を設けていることになります。


時給制に甘んじることは、自ら青天井の収入を拒否しているのです。これとは反対に「成果に応じて報酬を受け取る」ことを考え方のベースにしていると富裕層への道が開けます。


いい成績をとって、いい会社に就職して、安定した収入を確保するというバブル崩壊前まで王道だった考え方(現在でも意識下では信じている?)では富裕層には到達できません。


もちろん、安定した収入があるに越したことはありません。しかし、安定した収入や時間給に重きを置くのは、本来の価値に見合った収入を得る妨げになるからです。


端的に言うと、安定した収入や時間給をありがたがるのは、お金に縁のない人です。安定収入という「安心感」を手に入れるために、自らの可能性を犠牲にしているからです。


実は世の中の多くの人は自分の実力以上の給与をもらっています。自分の給料は非常に低い!と憤っている人でも、客観的にみると実力以上の給与であることが大半です。


なぜこんなことになるのかというと、安定した収入や時間給は「オーナーシップ」の精神を殺してしまうため、自らの能力の天井を低く抑えてしまうからです。


極論すると、安定した収入や時間給は結果を出しても出さなくても貰える給料に大きな差は無いため、自らの能力を高める必要性がありません。このため実力は低いままなのです。


安定した収入や時間給は、安心感と引き換えに自分の本来の実力や可能性を犠牲にしていると言わざるを得ません。私なら、こんな状態で生殺しにされるのはまっぴらごめんです。


では、富裕層に到達するのはどのような人なのでしょう? ほぼ全員に共通するのは、自分の仕事に見合った報酬を得ようとする気持ちを持っていることです。


具体的に言うと、歩合給や利益の何パーセントという形で報酬を受け取ることを信条にしている人です。このタイプの報酬体系は、自分の実力が収入に反映されるためシビアです。


例えば何等かの成果物の納品を請け負った際に、低品質なものを納品すると次の発注はありません。それでは長時間かけて高品質にすれば良いかというとそれも違います。


解決策は自分の実力を向上させて、短時間で高品質のものを納品することしかありません。このようなことを日常的に繰り返していると、必然的に自分の能力は劇的に向上します。


以上をまとめると、富裕層に到達できる人は、自分の可能性を信じて、自分の価値を知り、自分の能力を向上させることを信条にしています。


安定した収入や時間給で報酬を得ることに最も価値を見出している人は、富裕層に到達する可能性を自ら否定しているのです。







★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします