先日の 定型手術ではマイルストーン設定を の続編です。
前回はTKAでしたが、今回は人工股関節全置換術(THA)です。


TKAは手術時間 1時間30分を目標していますが、THAでは1時間を目標としています。佐賀医大などでは30分ほどのようですが、私のような凡人では難しいと考えています。


さて、THAでは寛骨臼側のカップ設置をマイルストーンに設定しています。
ライナートライアルを挿入した時点で 30分ぐらいがまずまずの時間だと思います。



このペースだと、だいたい1時間程度で手術を終了することが可能となるからです。セメントTHAでは、プラス10~20分程度が妥当ではないでしょうか。


THAは TKAと比較して手順が少なく術者の自由度が高いので、個人差が大きくなる印象です。いろいろなこだわりを持って手術をしていると手術時間は延長します。


このため、上記の目標時間はあくまでも私のマイルストーンおよび手術時間です。 関節外科の先生は、自分のこだわりや手技に応じて目標設定されてはいかがでしょうか。





★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★

 
初学者がTHAの治療体系を俯瞰するにあたり、最もお勧めの書籍です