突然ですが、2020年1月12日をもって宿泊施設を廃業しました。2016年の3月開業なので、ほぼ 4年間営業していたことになります。



いや~、本当にあっという間でした。この4年間にいろいろな苦労をしました。何度も何度もトラブルが発生しました。心が折れそうになったことも両手の数では足りません。


宿泊施設運営に足を踏み入れたのは、2015年にAirbnb日本支社のセミナーに参加したことがきっかけです。このセミナーは急遽開催されたもので、一瞬の判断で参加を決心しました。


Airbnbって何ぞや?という状況だったのですが、この一瞬の判断がその後の私の人生を少し変えたかもしれません。声掛けいただいた不動産投資仲間には本当に感謝です。


さて、2020年1月12日に最後のゲストを送り出し、その夜は自分たちで使用しました。思い起こせば最初に宿泊者も自分たちでした。4年経ちましたが、まだまだ綺麗な状態です。


感慨にふけりつつ、4年間の振り返りをしてみました。まず、気になる収益性です。物件購入金額は 3200万円で、仲介手数料や取得税等の諸経費込みで総額 3380万円でした。


ここから、旅館業の許認可で 70万円、改修工事 370万円、什器・コーディネート費用 170万円で、総投資金額は 3990万円です。


4年間の手残り収益は 1290万円だったので、最終的に 2700万円で物件を手に入れたことになります。築100年超の物件ですが、フルリノベ済みなので見栄えはピカピカです。


購入時の路線価は 40万円/㎡でしたが、2019年度は 64万円/㎡にまで上昇しています。実勢価格は更に上昇しているので、結果論ですがお得な買い物でした。


2020年1月16日から飲食店に賃貸しています。このため、1月14日に残置物撤去を行いました。未使用の消費財が山のようにあったので少し複雑な気分です。


汗を流しながらこれらの物品を搬入したことが、走馬灯のように脳裏に浮かびます。最盛期には10名近くのスタッフが居ましたが、最後はたった一人になりました。


宿泊客のクレームに対する謝罪で、夜中に現場に駆け付けたこともあります。悲喜こもごもの経験をした事業を廃業するのは、友人との別れのようでもあり寂しいものです...。


宿泊業界は完全なレッドオーシャンなので、おそらく二度と宿泊施設運営に携わることはないでしょうが、Airbnbも含めて 5年間の経験は大きな財産になりました。


参入したのは成長期中盤ぐらいだったので、業界が成長すると皆がwin-winになれること、安定期はあっという間で、衰退期に入ると何をしてもダメなことを実地で学習しました。


米中に比べると日本は生ぬるい国だと思っていましたが、そんな日本でも熱い業界にはこれほどまでに皆が一気に参入するのか! という新鮮な驚きがありました。


なんだかんだで良い経験でした。第 2の宿泊業界を求めて、常にアンテナを張っていたいと思います。成長期に参入することのおいしさは、一度味わうと病みつきになりますから!





★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします