先日、50歳前半の患者さんが膝関節痛で受診されました。数年前に半月損傷で反対膝の鏡視下半月切除術を受けたところ、調子が良いので今回も関節鏡をしてほしいとのことでした。


診察したところ、McMurray testなどは陰性でした。MRIでは内側半月損傷を認めるものの、外傷というよりも変性を疑う所見です。


以前に、中高年者の膝の痛みに対する関節鏡手術の効果はわずかという論文を読みました。あれ以来、中高年には余程のことが無いかぎり関節鏡手術を施行しないようにしています。


膝の痛みがあり、半月損傷が認められる場合には早期OAと考え、膝OAのガイドラインに従って保存治療から開始すべきだと考えています。


研修医のころは、中高年者であっても半月損傷があれば、かなりの確率で関節鏡手術を施行していました。術後半年ぐらいは調子いいですが、その後は元に戻る印象でした。


自分自身の経験を踏まえてみても、やはり中高年者に関節鏡手術は施行しない方が望ましいのではないかと考えています。






★★ 医学知見探求サービス ★★


医学知見を医師ユーザー同士で発信・共有するコミュ二ティに参加しませんか? 

quotomy - コピー


「医師と医学知見との出会いを再定義する」 Quotomy(クオトミー)は、臨床現場で働いていると個人で医学知見をキャッチアップすることが難しい、という臨床医の切実な痛みから誕生しました。


忙しい日常の中で、医学知見を得たり、発信したりすることが難しくなっています。 時間的・地理的制約のために、学会や勉強会への参加もできない環境で働く医師もいます。


知への探求を諦めていませんか?


抄読会をする感覚で、Quotomyで論文を読んだ感想や気づきをシェアしましょう! お気に入りのユーザー同士はフォローでき、お互いのアクションを確認できます。


Quotomyは現在ユーザー登録受付中です!
登録は こちら からお願いします。