コロナ禍の自粛のために、やりたいことができないストレスを感じている方は多いのではないでしょうか?


以前は何とも思っていなかったことでも、実は貴重だったことが身に染みて分かります。飲み会、外食、ジム、そして旅行も、ビフォーコロナでは当り前のイベントでした。


ところが、当り前だと思っていたことも実は砂上の楼閣だったことに気付かされました。あの時やっておけばよかったと思っている方も多いことでしょう。


かく言う私は、アレをしておけばよかったという後悔はほとんどありません。なぜなら、私は思い立ったすぐに実行する主義なので、やらなかった後悔はあまりないからです。


むしろ、やっておいて良かった!と思うことはたくさんあります。
  1.  完全リモートワークの会社運営
  2.  不動産投資
  3.  CFをブタ積みしてひたすら待機していた株式投資



今回のコロナ禍では、周知のように医師も大きな打撃を受けました。専業(?)医師にとってはなかなか厳しい状況が続いています。


一方、私が 4年前に立ち上げたビジネスは完全リモートワークなので、コロナ禍の影響は軽微~皆無でした。パートナー達の経済的安定性に多少は貢献できているので嬉しいです。


もちろん、完全リモートワークが奏功したのは偶然の産物ですが、周囲の自営業者、医師、リテール系不動産投資家の苦境と比べると、安定度が際立っています。


不動産投資に関してはリテール系の物件も多いので、賃料減額でかなりダメージを受けましたが、基本的には住居系がベースなので収益性に大きな問題はありません。


特に築古木造戸建は自己資金なので超安定的です。合計しても毎月27万円なので、不動産投資に占める割合は微々たるものですが、ランニングコストがほぼゼロなので堅い収入です。


一方、株式配当(税引き後55万円/月)は築古木造戸建ほど安定していませんが、J-REITや電力株メインのポートフォリオなので、コロナ禍でも減配リスクはさほど高くありません。


これらの極めて安定的なキャッシュフローに加えて、7年半にも渡って株式市場に本格参入せず資金をすべてブタ積みしていたことは、本当によかったと感じています。


機会損失しているのではないか?という焦燥感をずっと感じていましたが、7年半我慢して積み上げた資金のおかげで、今回のコロナショックでは大量の株式取得に成功しました。


このように、世界を揺るがすコロナ禍に際しても、とにかく思いついたことをやってみる!を実践し続けたことは大きなリターンとして返ってきました。


もちろん、幸運にも状況にマッチした部分が多いことは承知していますが、「とにかく今すぐやってみる」という気持ちを持ち続けることの効果が発揮されたという認識です。


結果には、実家の太さも関係ありません。医師免許があれば 10年を待たずして、ゼロからでも自ら太い状況にすることは十分に可能です。


人生は長いようで短いです。時間ができたらやってみようではなく「今すぐ全力でやってみる」ことを強く推奨します。






★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします