連載中の m3.comで興味深い記事がありました。
診療科別に見た、「平均年収トップ」の科は…です。


15の診療科別の平均年収や資産金額がランキングされています。あまり趣味の良い企画ではありませんね。しかし、そのような下品(!)な企画には興味がそそられます(笑)


平均年収の第1位は「眼科」の2070万円でした。2位は「循環器系」の2044万円、3位は「脳神経系」で2034万円です。われら「整形外科」は1986万円で5位と健闘しています。


一方、資産額の第1位は年収トップの「眼科」で6274万円です。2位は平均年収1704万円で13位に留まっている皮膚科です。ナント、資産額は6227万円もあります!


皮膚科医師の資産形成能力はなかなかのモノのようですね。やや派手な印象のある(?)科ですが、堅実に資産形成しているようです。


一方、われら整形外科医師はどんな感じでしょうか? 驚くべきことに年収ランキングは5位だったにもかかわらず、資産額は4532万円で 15位中の13位に甘んじています...。


典型的な浪費型の科なのでしょう。世間一般の整形外科医師はチャラいイメージですが、実際にそうなのであろうことは数字が証明しています(笑)。


資産形成系の情報発信をしている医師に占める整形外科医師の割合は高い印象を受けますが、実際に資産形成で成功している整形外科医師の割合は高くなさそうです。


整形外科医師は資産形成に有利という誤ったイメージを払拭して、われわれはもう少しがんばって資産形成の勉強をするべきなのかもしれませんね。






★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙