相互リンクいただいている、がみたけ先生の整形外科 論文ナナメ読みで、興味深い記事がありました。超多孔質コーティングカップについての話題です。



超多孔質コーティングされたトリタニウムカップを一次THAに使用することには、従来の非セメントカップと比較して何の利点もなかった。しかし、いくつかのHR推定値のCIが広いことは、95%信頼区間が広いため、さらなる研究が必要である。




詳細は、がみたけ先生のブログを確認していただきたいのですが、Tritanium cupはあまり成績が良くないようです。


コンセプト的には良好な初期固定を得られるので成績は良くなりそうな気がしますが、がみたけ先生も指摘しているように、カップ周囲の Radiolucent lineが気になります。


カップ周囲の Radiolucent lineが、Tritanium cupの成績不良の直接の原因となっているのかは分かりませんが、ときどき Tritanium cupを使用するので気になるところです。


やはり、通常症例では、Tritanium cupではなくTrident HA cupを使用する方がよいのかもしれませんね。






★★ 医学知見探求サービス ★★


医学知見を医師ユーザー同士で発信・共有するコミュ二ティに参加しませんか? 

quotomy - コピー


「医師と医学知見との出会いを再定義する」 Quotomy(クオトミー)は、臨床現場で働いていると個人で医学知見をキャッチアップすることが難しい、という臨床医の切実な痛みから誕生しました。


忙しい日常の中で、医学知見を得たり、発信したりすることが難しくなっています。 時間的・地理的制約のために、学会や勉強会への参加もできない環境で働く医師もいます。


知への探求を諦めていませんか?


抄読会をする感覚で、Quotomyで論文を読んだ感想や気づきをシェアしましょう! お気に入りのユーザー同士はフォローでき、お互いのアクションを確認できます。


Quotomyは現在ユーザー登録受付中です!
登録は こちら からお願いします。