日経新聞で興味深い記事がありました。
科学論文、中国が自国誌を重視へ 学術界に衝撃 です。



世界各国が科学技術の研究開発に力を入れるなか、科学論文発表のありようを大きく変える動きが起きている。これまで米英の著名論文誌での発表を重視し研究者に報償金すら支給してきた中国が方針を変えた。米国では政府の助成を受けた研究成果はだれでもすぐに無償で読めるようにする方向で模索が始まった。米中という2つの大国の動きは日本の科学技術研究にも影響を与えそうだ。



タイトルは中国関係ですが、この記事には下記のような2つの論点があります。
  1. 世界に通用する論文誌(英文誌)を中国国内で育成し名実ともに科学大国を目指す
  2. 欧米で論文のオープンアクセス化の議論が活発化


①に関しては、英「ネイチャー」や米「サイエンス」に対抗しうる中国版の学術誌を育成する方針です。かつて日本でも同様の声があがりましたが実現しませんでした。


②に関しては、論文をオープンにする代わりに、図書館や購読者が支払う「購読料モデル」から、投稿時に研究者が投稿料を払う「投稿料モデル」への転換が進みつつあります。


欧米と大手出版社でオープンアクセスへの移行が進むと、日本の研究者に不利に働く可能性があります。日本の研究者も投稿料を支払わなければならないからです。


投稿料は平均20万円、著名誌では80万円もするそうで、研究費削減に苦しむ大学の研究室では負担が難しいとのことでした。オープン化が実現すると厳しいことになりそうです。


大学での研究はすぐに経済的恩恵を産むことはないですが、国力増進のためには必要不可欠なものです。日本の未来のために社会福祉に回す予算の一部を研究費に回すべきでしょう。






★★ 医学知見探求サービス ★★


医学知見を医師ユーザー同士で発信・共有するコミュ二ティに参加しませんか? 

quotomy - コピー


「医師と医学知見との出会いを再定義する」 Quotomy(クオトミー)は、臨床現場で働いていると個人で医学知見をキャッチアップすることが難しい、という臨床医の切実な痛みから誕生しました。


忙しい日常の中で、医学知見を得たり、発信したりすることが難しくなっています。 時間的・地理的制約のために、学会や勉強会への参加もできない環境で働く医師もいます。


知への探求を諦めていませんか?


抄読会をする感覚で、Quotomyで論文を読んだ感想や気づきをシェアしましょう! お気に入りのユーザー同士はフォローでき、お互いのアクションを確認できます。


Quotomyは現在ユーザー登録受付中です!
登録は こちら からお願いします。