先週末は 4連休でしたが、晴天に恵まれ全国的にコロナ禍前の人出を回復したようです。私も 9/21にクルージングに行きましたが、すごい数のお客さんでした。


実は、このクルージングに参加するのは今年 2回目です。1回目は 6月でしたが、平日だったこともあり、乗船客は私を含めて 5組だけという驚愕するべき状況でした...。


赤字必定の状況にもかかわらず律儀に定期運航していることに驚きましたが、お客目線では当然快適そのものでした。各グループの後ろに専属(?)スタッフが控えているほどです。


ところが今回は 100組ほどの乗船客でごった返しており、当然のごとく扱いは おおざっぱ 普通でした。特別待遇の思い出があるだけに、プレミアム感が無くてつまらんです。


クルージングの前日には、披露宴の帰りに某所のリッツカールトンにふらっとお茶しに行きましたが、予約が無いと夕方まで不可とのことで、すごすご退散です...。


明らかに人出が戻って経済が再起動している感じが嬉しいですが、そろそろ平常運転に戻って倹約を旨にする時期が到来したことを感じ取りました。


またまた各方面からバッシングを受けそうですが、新型コロナウイルス感染症の論文を大量に読んだ結果、エボラやSARSと同等の扱いはどう考えてもおかしいと結論付けました。


たくさんの新型コロナウイルス感染症関連の論文確認と、法に抵触するわけではなかったことから、私は 5月の緊急事態宣言明けから下記のような行動をしています。


  • 5月:京都の世界遺産めぐり+ビワイチ
  • 6月:クルージング
  • 7月:東北の温泉めぐり
  • 8月:沖縄で所有REITのホテルめぐり
  • 9月:北海道でBBQ&大雪山+旭山動物園


5月末の京都では、コロナ前には観光客でごった返しだった伏見稲荷の千本鳥居、銀閣寺、二条城などの観光名所で、自分しか写っていない貴重な写真を大量にゲットしました。


その後は滋賀県に移動し、ビワイチという琵琶湖を1周するサイクリングを敢行しました。ランナー膝に悩まされましたが、160km走破してゴールした感動は圧巻でした。


9月初旬の北海道でも大雪山・旭山動物園ともガラガラでコスパの高い旅行を楽しみましたが、この 4連休で一気にコロナ前に戻った印象を受けました。


株式投資や不動産投資でもそうなのですが、基本的に私は逆張り派なので、周囲と真逆の行動をとります。前回の 2008年は全国の五つ星ホテルのクラブフロアめぐりを行いました。


5月から9月までは微力ながら経済を回すためにも、観光客が居なくて閑散としている観光地を訪れてお金を落としましたが、皆が戻ってきたのでそろそろ終わりにしようと思います。


今回のコロナ禍では、株式投資で大きな成果を得ただけではなく、国内旅行でも貴重な経験をさせていただきました。やはり「人の行く裏に道あり花の山」は真理だと思います。






★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙