児童虐待のトリアージの追記事です。診断に関しては、前回説明したような事項が有用です。児童虐待のサインがあれば、見逃さないように注意しなければいけません



では児童虐待を疑わせる所見があった場合、どのように対応すればよいのでしょうか?これに関しては、日整会誌94:549-553 2020で東大整形の岡田慶太先生が説明されています。


まず最優先事項は、児童の安全確保です。具体的には入院させて親から隔離する必要があります。手術が必要な症例では容易に入院させることができます。


しかし、保存治療が選択される症例であっても、ギプス治療前に牽引治療を行ったり、腫脹や疼痛を理由に入院させることもあるそうです。


また、虐待では夜間に救急外来を受診するケースも多いため、夜間の状態を診ることを理由に入院させることもひとつの方法だそうです。


実際には医師ひとりですべての対応を行うことは困難です。ここで登場するのは MSWです。彼らは社会福祉士の資格を持っており、児童相談所と連携して対応してくれます。


まずは医師が児童虐待の兆候を察知して、入院等で児童の安全を確保してから、次のステップは MSWにバトンタッチするという流れとなります。





★★★  管理人 お勧めの医学書  ★★★


豊富な図や画像が提示されているため、ほとんどの骨折や脱臼に対応することが可能です