先日、某有力大学の整形外科の元教授を思わぬところで見かけました。普段は学会などのパブリックな場面でお見かけすることが多かったので非常に意外感を覚えました。


私が医師になった頃、大学教授はまさに仰ぎ見るような存在でした。当時は世間知らずであったこともありますが、大学教授になれば退官後も一生安泰だと思っていたものです。


しかし、整形外科以外の科も含めて改めて「教授」の退官後の状況を確認すると、意外なほど苦戦している方が多いことに気付いて驚きました。


教授を退官されるとジッツの大規模公的基幹病院の院長に収まるというルートが確立されていると思っていましたが、よく考えると教授の数>>公的基幹病院の数です。


当然、公的基幹病院の院長職に収まる教授の方が少ないです。では、それ以外の教授はどこに行くのか?多くの教授はその時に空ポストのある医療機関の院長や施設長に収まります。


教授まで勤め上げてショボい医療機関に収まるのはちょっと微妙な感じです。しかし、公的基幹病院の院長になった教授が幸せかと言うとそうではないことが多いように思います。


何故なら、他科の医師にとっては自分に関係の無い科の元教授なので、さほど遠慮する必要がないからです。医師以外のコメディカルにとっては、さらに関係無い人です。


某医療センターに勤務している際に元脳神経外科教授が院長で赴任されてきましたが、古参の生え抜き医師にサンドバック状態にされて気の毒だったのを覚えています...。


所詮は雇われ院長なので人事権もありません。この状況はなかなか辛いものがあります。このように考えると、教授といえども退官前に身の振り方を計画するべきなのでしょう。


おそらく教授にとって最善の再就職先は、①責任が無く ②他科や他職種からの突き上げが無く ③収入が良く ④社会的地位もある という条件を満たすのがベストでしょう。


そんな都合の良い所は無いだろ!と思う人が多いでしょうが、実際にはこの条件を満たすポストを目撃しました。そういう身の振り方を考え出した方は本当にすごいな...。






★★  医師のキャリア革命(オンラインサロン)  ★★


「経済的自由」を手に入れるために Facebookを利用した非公開のオンラインサロンに参加してみませんか?



gg - コピー




本サロンの目標は、参加者全員に生涯途絶えることのない "複数の収入の流れ"  を得るための " 学びの場 "  を提供することです。


資産形成マニュアルで、医師が効率よく資産形成を実践するノウハウを公開しましたが、本サロンはそのフォローアップの場と位置付けています。


それぞれの参加者たちが得た知識や体験を共有し、集合知を形成する。集合知は、サロンのメンバーが未知の航海に旅立つ際の羅針盤となる


そのような " 学びの場 "  を

  •  整形外科医のための英語ペラペラ道場
  •  整形外科医のブログ 

​ ​
がタッグを組んで運営します!!
参加希望の先生方は、こちらからお願いします