最近、どの程度の労力をかけると経済的自由に到達できるのかについて、個人的によく訊かれます。なかなか難しい質問ですが、私は「かなりがんばる必要がある」と回答します。


医師になるぐらいなので、中高生の頃から努力を続けていた人が大半だと思います。自分はそんなに勉強していなかったという人も、世間を基準にすると相当な勉強量のはずです。


そして医師になっても卒後 10年ほどは死ぬほど働いて勉強することが標準です。やはり、医師免許や一流の技術を得るには相当量の労力が必要であることは論を俟たないでしょう。


ところが資産形成になると、努力量の基準が大幅に下がるのが不思議なものです。資産形成のために、10年間歯を食いしばって努力し続けたという人には滅多にお目にかかれません。


しかし、医師免許や専門分野の技術を習得するためにあれだけの労力を費やしたのに、資産形成には1週間に数時間も費やさないというのはおかしな話だと思います。


何故なら、資産形成は医師免許取得や専門分野の技術習得と同じぐらい、自分や家族の人生に及ぼす影響が大きいことが多いからです。


医師アルアルは、年収1000万円以上を30歳台前半に達成して、60歳ぐらいまで維持できたのにもかかわらず、資産が 1億円にも満たないという状況です。


普通に考えたら 1億円程度の資産は簡単に達成できるはずなのですが、底の抜けたバケツのような生活習慣が続いたため、退職時にほとんど貯金が無いという悲劇が生まれます。


このような悲劇は多くの医師の身に起こっていることですが、その原因の大部分は資産形成の重要さに応じた労力を費やしていない、の 1点に尽きると思います。


やはり、資産形成の勉強や生活習慣のコントロール等のキモになる部分は、ある程度の時間をかけて習得し、また日々ブラッシュアップしていくべきスキルだと思います。


自分の人生を左右する資産形成に対しては、医師免許取得や専門技術習得と同程度の真剣さで向き合うことを強くお勧めします。






★★ 管理人監修の資産形成マニュアル ★★
 


管理人監修の「勤務医の、勤務医による、勤務医のための資産形成マニュアル」です。高度な医療技術で社会貢献するためには経済的安定が不可欠! という信念のもと、管理人は多くのメンターから指導を受けました。

その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。その指導内容をまとめたものが本マニュアルです。既に資産運用をしている方でも、勤務医のアドバンテージを生かした新しい考え方が見つかるかもしれません。

PDF版の販売で、30日間の返品保証付きです。当直1回分にも満たない価格なので、本マニュアルの手法を実践すれば、あっという間に元が取れると思います。 尚、医師以外の方のご購入はご遠慮ください。



情報教材表紙