今日の午前の手術も人工股関節全置換術(THA)でした。
やや臼蓋形成不全傾向のある症例でした。


臼蓋形成不全股の場合は、壁に掘り込んでいくイメージです。
術前の作図から寛骨臼上縁からカップの端となる部位を計測します。


例えば寛骨臼上縁から10mmがカップの端になる場合には、10mmの平ノミをメジャー代わりにして寛骨臼内に電気メスで球状にマーキングします。


この球状にマーキングしたエッジを目安にリーミングすると、作図どおりの高位にカップを設置できます。注意点として、内板を打ち抜かないように3mm丸ノミで内板までの距離を確認しながらリーミングを行います。